Gone Girl

.16 2014 映画 comment(0) trackback(0)
いやいや、怖い怖い映画でしたね。
Gone Girl
“Gone Girl” est un thriller americain, 2014.
「幸福な夫婦の結婚5周年の記念日に妻が失踪した。
自宅のキッチンから大量の血痕を拭き消した跡が発見され、
夫に不利な状況が次々と出てくる。
警察は当然通報した夫を疑い、テレビで大々的に取り上げられ、
夫はマスコミと地元の人々から物凄いバッシングを受ける。」

映画館で予告編を見た時から、これは見なくちゃと思いましたね。
欠伸をする暇はなくストーリーにぐんぐん引き込まれていきました。
結末がまた何ともいえない。

この映画は、センター北と南、新百合と三か所でやっているので
どこで見てもいいのですが、
母のデイサービスのお迎えが思いのほか早く来たので、
新百合ヶ丘行きのバスに間に合いました。

センター北と南に行くためには、あざみ野駅まで歩いて
地下深く潜って地下鉄に乗り、更に現地で映画館まで
歩かなくてはなりません。
新百合ヶ丘の場合は自宅近くのバス停から乗れば
イオン映画館の前に直付けなのです。
無料敬老パスをもっているご近所の先輩諸氏は
このコースで映画を見、買い物もしているようです。
楽ではあるのですが、ウォーキングにはなりません。

運動をしてないので、新百合のカフェで軽い昼食。
IMG_4543 (480x270)
淡路島産の玉ねぎのビーフシチュー(レンコン入り)セット720円。
なかなかおいしかったのですが、最初に同じ皿に乗せてくるので、
デザートのアイスが溶けるのではないか、
コーヒーが冷めるのではないかと気が気ではありませんでした。
セットというのも考え物ですね。


スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1423-ca205de1