フランスからの便り

.15 2015 ブログ comment(0) trackback(0)
パリに住んでいる大学時代の友人が一時帰国したので
自由が丘の和食屋で昼飯を一緒に食べました。

その時に彼が土産代わりにくれたのが飛行機の中で読んだ
1月14日のルモンド紙。
IMG_4799 (480x270)
「私はシャルリー」と書いたプラカードをもつムハンマドの上に
「すべては許される」という文字のある風刺画を載せたシャルリー・エブド紙を
キリスト教、イスラム教、ユダヤ教の聖職者たちが喜んで読んでいる
という風刺画を載せています。
新聞の裏には、女性の裸と男性性器の出ている漫画が付いています。
20150114 Le Monde (800x446)01
事前に公表されていたシャルリー・エブド紙の風刺画を掲載するかどうか
新聞で態度が違ったようですね。
フランスの新聞でも、
ルモンド(社会党系)、リベラシオン(共産党系)はこういう風に掲載したのですが、
フィガロ(保守系)は掲載を見送ったと報道されていました。

アメリカの新聞では、
ワシントンポストは掲載したのですが、ニューヨークタイムスは載せませんでした。
タイムス紙の編集方針は
「宗教的感情を故意に害する表現は一般的に掲載しない」だそうで、
私の考え方に近く強い味方を得た思いです。

今回フランスの大衆行動では表現の自由が強調されたようですが、
平等と博愛も忘れてはなりません。


自由が丘の和食屋は「えん」。

パリから帰ってきたばかりの友人にフレンチやイタリアンを
食べさせるわけにもいかないのでこういうところに連れてきました。
IMG_4793 (480x270)

駅から歩いて30秒のところにありますが、なかなか凝っていますでしょ。
IMG_4795 (480x270)

トイレのきれいなところがやはり日本です。
IMG_4797 (480x270)

本当はコース料理を注文したかったのですが、
それは予約でしか食べられないと拒否されました。

仕方がないので、私は刺身膳、
彼は、フランスでは食べられないからといって、カキフライ御膳を注文しました。
IMG_4788和食「えん」 (480x270)

彼がデザートに注文したミルク抹茶ぜんざい。
やはりこういうのが懐かしいのでしょうね。
IMG_4790 (480x270)


スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1445-4076ff9e