フランス映画の日

.05 2015 映画 comment(0) trackback(0)
今日は雪が降るという予想で、家内は仕事、
しかも日中ガス管工事でガスが止まるという。

こういう日は映画に限りますね。
やってきたのが飯田橋のギンレイホール。
フランス映画の二本立てです。
はなから二本連続で見る予定で、2000円払おうとすると
1000円で結構ですというではないか。なんとまあ嬉しいこと。
普通のシネコンはシニア料金も1000円から1100円に上がったというのに。

フランス語のヒヤリング能力を維持しようとすると、
やはりフランス映画を見るのが一番手軽でいい。

10時10分からの最初の映画がこれ。

邦題: 「ぼくを探しに」 "ATTILA MARCEL" le film francais 2013
img_150131_01.jpg
幼い頃に両親を亡くしたショックで言葉を話すことが出来ないポール。伯母姉妹に世界一のピアニストになるよう育てられたが、ある日同じアパルトマンに住む謎めいた女性に出会う… 多彩な映像で記憶の旅を辿る奇想天外なファンタジー! アニメーション監督シルヴァン・ショメによる初の長編実写映画。(ギンレイホールの案内より)
予告編の動画はこちら http://bokuwosagashini.com/

次は12時15分から居続けで鑑賞。

邦題: グレート デイズ! -夢に挑んだ父と子-
"DE TOUTES NOS FORCES" le film francais 2014
img_150131_02.jpg
車いすの少年ジュリアンは失業して家に帰ってくる父との再会を楽しみにしていたが、不器用な父は正面から向き合えない。そんな父に不満を募らせたジュリアンは二人でレースに出場すると決意する… 父と子が〈本当の親子〉になるまでの勇気ある挑戦の物語!(ギンレイホールの案内より)
予告編の動画はこちら http://greatdays.gaga.ne.jp/

両方とも楽しく鑑賞できました。
どちらの映画もストーリーは単純なので、フランス語も易しく、
字幕があるとみんなわかったような気になるから不思議。

スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1464-14137ad7