FC2ブログ

チェルト Certo

.18 2015 シドニー comment(0) trackback(0)
念願の チェルト にやってきました。

ここは四谷三丁目のイタリアンレストランです。
ママさんは昔シドニーでやはりチェルトという店を経営していて、
その当時お世話になっていました。
8年前に日本に帰ってきて、この店を開店したのですが、
母が家にいるうちは夜われわれ夫婦で外食に出かけるなんてことは
今までできなかったのです。ようやく念願がかないました。

チェルトとは Certo でイタリア語です。
「勿論、承知しました、その通り、OK」など相手から
頼みごとや、お誘いを受けた時などに肯定的な返事をするときに発します。
(最近イタリア語を勉強していますので、このくらいは分かるのです、オホン)
発音と意味が似ているほかの外国語の単語を探すと
フランス語で セルテヌモン Certainement 、
英語では サートゥンリー Certainly があたるでしょうか。

来てみると、こじんまりとした店で、2人掛けのテーブルが二つ、
4人掛けのテーブル一つ、あとは五人掛けのカウンターです。
ほかに店の二階に秘密の隠し部屋がありそうでしたが。
01IMG_5646 (480x270)

店の客は、常連さんはやはりシドニー帰りが多いらしく、
ママさんから昔の人のうわさ話をたくさん聞きました。
ウェートレスもなんと昔ワーホリでシドニーの店に働いていたお姉さん。
IMG_5635 (480x270)

家内と私が頼んだメニューをそれぞれシェアーして
半分ずつを二人に出してくれました。
これは家内が注文したホウボウの刺身というかカルパッチョ。
IMG_5636 (480x270)

こちらは私が注文した前菜五点盛。一点は別に来たオリーブの実です。
IMG_5638 (480x270)

グラスワインでセミョンとシャルドネのブレンドをいただきました。
IMG_5639 (480x270)

二皿目は、オーストラリアの子羊と大山鶏。
これも家内と半分ずつシェアーしています。
IMG_5641 (480x270)

赤ワインもグラスで、オーストラリアのピノヌワとグルナッシュ&カベルネ。
IMG_5643 (480x270)

そしてドルチェ。
IMG_5647 (480x270)

最後に、カードで支払いをしたら、
タブレットパソコンのうえに指でサインをすることを求められました。
いやー、世の中は進歩していますね。

関連記事
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1477-8fa7132f