ハリギリの天ぷら

.07 2015 食と料理 comment(4) trackback(0)
我が家の近くの自然林の中にハリギリがたくさん生えていることは
以前記事にしました。
成木は高さ25m、幹1mになるそうで、肥えた土地に自生するため、
北海道の開拓時代はこの木が農地開墾の適地の目印だったそうです。

自然林では、いつもは年末の草刈りの時に刈り取られてしまうのですが、
今回はどういうわけかたくさんの株が刈り残してあったのです。
その結果、春になってこういう風に若芽を出します。
IMG_1221 (480x480)

今までこの芽を食べたことはないのですが、
天ぷらにしてみました。
IMG_0770 (480x270)

やはり噂通り苦みがあります。
この山菜の苦みがたまらないという好きな方もいらっしゃるのでしょうが
それほど喜んで食べるというものでもなさそうです。
でも、また来年になったら季節ものでやはりまた天ぷらにするでしょうね。
家内も私も食い意地が張っていますので。

同じ林の中に、同じウコギ科のタラノキが生えていて、
若芽を出しているのですが、
これはどうも誰かが植えた雰囲気があるので手は出していません。
タラの芽は最近食べていませんが
もう少し苦みが少なかったような記憶があります。

スポンサーサイト

山野草
山菜の季節になり同じく食い意地の張った私にも採る楽しみ、食べる楽しみわくわくします。里山から奥山まで1ヶ月位のタイムラグがあり、その間楽しめます。蕗の薹に始まりわさび、ワラビ、ウド、タラの芽、コゴミ、コシアブラなど
色々な味が楽しめます。特に近年人気がある山菜は、コシアブラですかね。江津のあたりの中国地方では馬鹿の木と呼ぶ樹木の新芽です。是非一度、機会があったらご賞味あれ。
2015.04.13 13:20
豊栄のぼる
山野草さん、
コシアブラというのはまだ食べたことがありません。
馬鹿の木ですか思い出せませんね。
2015.04.26 23:05
山野草
こんにちは、島根はどうでしたか?
前回初めてコメントさせていただき、ご挨拶なしで失礼いたしました。昨年の5月頃からブログを拝見させていただいております。山野草が好きな者ですからいつも興味深く拝見させていただいてます。
機会があれば是非一度、コシアブラ食べて見てください。
似た物でタカノツメというものも有りますよ。唐辛子ではなく木の芽です。
2015.04.27 20:54
豊栄のぼる
山野草さん、
江津の話は、順を追って後ほど記事にします。
これからちょくちょく島根に帰りますので、
その時バカの木について地元の人に聞いてみます。
2015.04.27 22:35

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1525-0d91e4f6