勝山のれん街道

.30 2015 旅と観光 comment(0) trackback(0)
醍醐櫻を見た後、一方通行の山道を下って、
勝山文化センター(岡山県真庭市)の駐車場に車を止めました。

そしてこの素晴らしい"のれん"に出合いました。
01IMG_1957 (480x270)

ここ勝山は"のれん"とお雛さまで町おこしをしています。
02IMG_1911 (480x270)

この造り酒屋や
03IMG_1950 (480x270)

お菓子屋のように昔ながらの建物を維持し、
なおかつ各家は独自の"のれん"をぶら下げています。
04IMG_1895 (480x270)

実は、帰省旅行の直前にテレビでこの町の紹介をやっていたのです。
帰り道の途中だしということで、寄り道をすることにしました。

ここは番組の中で紹介されていた、クラシック音楽を流す喫茶店。
05IMG_1945 (480x270)

喫茶店の名前は「おにのすみか」。
マスターのおじいさんが描いたのがこの可愛らしい鬼なのです。
06IMG_1947 (480x270)

かばん屋さん。
07IMG_1912 (480x270)

自転車店。
08IMG_1936 (480x270)

骨とう品屋さんののれんは茶壺のようですね。
09IMG_1915 (480x270)

お土産屋さんです。
10IMG_1944 (480x270)

これは昔私が吸っていた「ピース」のパッケージの柄です。
きっとここはタバコ屋さんですね。
11IMG_1962 (480x270)

郷に入っては郷に従え。
12IMG_1901 (480x270)

クリスチャンの教会までもがのれんを下げていました。
13IMG_1902 (480x480)

ここは郵便局?ではないようですが、切手でも売っているのでしょうか。
14IMG_1913 (480x270)

昔の車に車ののれん。
15IMG_1938 (480x270)

車の運転はイノシシがやっていました。
16IMG_1939 (480x270)

こちらは川柳双裕庵ののれんです。
17IMG_1890 (480x270)

今市屋さんは、旅館のようでしたね。
18IMG_1905 (480x270)

以下は、普通のお宅の"のれん"です。
屋号か何かとかけてあるのでしょうか。
でもこの盆踊りののれんは色っぽいですね。
踊りのお師匠さん?
19IMG_1933 (480x270)

紐のれんはいかにも手間がかかっていそうです。
20IMG_1928 (480x270)

21IMG_1882 (480x270)

22IMG_1907 (480x270)

23IMG_1879 (480x270)

24IMG_1898 (480x270)

25IMG_1877 (480x270)

26IMG_1900 (480x270)

27IMG_1927 (480x270)

観光客用のトイレにものれんがぶらさがっていました。
28IMG_1969 (480x270)

でもこれらののれんですが、いかにも現代的なデザインですよね。
江戸時代か明治時代のデザインのような感じがしません。

どうもこの工房(ひのき草木染織工房)が
デザインと制作を一手に引き受けているようなのです。
29IMG_1909 (480x270)

共同井戸のつるべには干支の動物の絵が。
30IMG_1887 (480x270)

そしてこの街道は出雲に通じているようなのです。
この標識を見て、醍醐桜に醍醐天皇が立ち寄ったという伝説を
信じてもいいかなと思いました。
31IMG_1920 (480x270)

観光客には無料の駐車場をあちこちに用意しています。
なんというホスピタリティでしょう。
32IMG_1935 (480x270)

ガイジンのカメラマンが三脚を担いで撮影していました。
彼が紹介記事を書いたら、この町にもガイジン旅行客が増えますねきっと。
33IMG_1973 (480x270)

ほんの思い付きで来てみたのですが、
いい町でした。

スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1535-dab90eb4