三隅町散策

.09 2015 島根県 comment(0) trackback(0)
実家のシャクナゲがきれいに咲きました。
IMG_2043 (480x270)

裏の畑のツツジも満開になったので、
石見地方では有名な三隅町(みすみ)(島根県浜田市)の
ツツジ公園を見に行くことにしました。
4月22日(水)のことです。
IMG_2242 (480x270)

子供のころはまだ道路は舗装されておらず、車も普及していなかったので
三隅町までツツジを見に来るなんてことはあり得ませんでした。

立派な神社がありました。三隅神社です。
01IMG_2189 (480x270)
鳥居の下にあった三隅神社抄によると、
祭神 : 三隅城第四代城主三隅兼連(みすみかねつら)。
功績 :
「元弘3年(1334)2月、隠岐をのがれ船上山によりたまう
後醍醐天皇のもとに馳せ参ずる。
正平5年(1350)8月、足利尊氏の命を受けた
高師泰の率いる2万3千余騎の大軍を迎え撃って
ここ高城山三隅城に籠れる兼連以下の将卒は
百余日の激戦の末これを撃退する。
正平9年(1354)5月より軍を起し、途中の敵を落し入れ
正平10年(1355)1月入京して勝利を南朝に奏する。
同年3月12日洛中桂川にて壮烈な戦士を遂げる。
大正11年(1922)9月正五位を賜る。

社歴: 昭和3年政府に申請し、昭和8年建設開始、昭和12年完成。

ははーん。
南朝礼賛しかり、昭和の初めの建築しかり、ということは、
要するに国粋主義の高まりの中で作られた神社のようですね。

残念ながら、ここは谷あいにあって日当たりがあまり良くないようです。
まだ咲いていませんでした。GWあたりが見頃でしょうか。
この斜面のツツジが満開になればそれは見事でしょうが、
いかんせん早すぎました。
02IMG_2204 (480x270)

丘の上から見下ろす三隅の町。
03IMG_2192 (480x270)

丘の上のクルメツツジだけが満開でした。
04IMG_2195 (480x270)

地元の人が寄付をして植樹した梅林です。
梅の季節に来てもよさそうですね。
05IMG_2198 (480x270)

当初の計画にはなかったのですが、
神社のそばの観光案内地図に載っていたので
国の天然記念物、三隅大平桜を見物に来ました。
樹齢640年だそうです。周囲には駐車場が完備していて広場もでき、
4月4/5日には大々的な桜祭りがここであったようです。
また、水面に写る井川の一本桜もこの近くにあって、有名なようです。
いつかチャンスがあれば来てみましょう。
06IMG_2217 (480x270)
「 夜桜や人静まれば水の音 蓬山 」と大きな句碑があるのですが、
ネットでいくら検索しても、この俳句も作者の蓬山(ほうざん?よもぎやま?)も
ヒットしませんでした。誰か教えてください。


道の駅ゆうひパーク三隅で昼食をとることにしました。
関東の人は夕日は山に沈むと思っているようですが、
日本海側の人は夕日は海に沈むとしか思っていません。
島根県の道の駅はほとんどが夕映えを売り物にしています。
07IMG_2232 (480x270)

庭のテーブルの上に山陰線の時刻表がありました。
すぐ下を山陰線が走っていますので、
これは撮鉄をやれということだなと理解しました。
08IMG_2230 (480x270)

日本の鉄道は時間に正確です。
普通のディーゼル車は一両だけ。さみしーい。
09山陰線01 (480x361)

特急はさすがに2両ありますね。
10山陰線02 (480x364)

しかし、これではただ汽車を撮ったというだけで面白くもなんともないです。
やはりこれに夕日を絡めないと撮鉄とはいえませんね。
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1543-31adc0a0