明石焼き

.11 2015 食と料理 comment(0) trackback(0)
島根から横浜に帰る途中で、4月25日、神戸に下車しました。

家内が神戸の友人に頼んで連れて行ってもらったのが、
ここ明石焼きのお店です。
私は明石焼きは全くの初めてで、なんの先入観もイメージも持っていません。
IMG_2285 (480x270)

「えー、スープにつけて食べるの、あーそう」
IMG_2286 (480x270)

「塩だけつけて食べてもおいしいですよ」
なるほど、それもいけます。

「ところで左から右に行くにつれて板の厚さがだんだん薄くなって
斜めになっているようだけどなぜ?」
私の素朴な質問に,神戸の友人は困りました。
IMG_2287 (480x270)

お店の亭主に尋ねたところ、
「厚いほうを上に,薄いほうを手前にして縦にして置いてください。
店が狭いので、そのほうが場所をとらないのです」
IMG_2288 (480x270)
なるほど、確かにこの店はカウンターだけのお店でしたね。

食べ終わった後、板を裏返してみると、こういう風に取っ手がついていました。
亭主はここを持って上に明石焼きを載せて差し出してくるのです。
IMG_2289 (480x270)

肝心の味をコメントするのを忘れました。
ふわーとした卵焼の皮が何とも言えない食感で、
幸せな気分にしてくれます。
最高ですよこれは。おやつにちょうどいいですね。

家内は昔ほとんどたこ焼きと変わらないものを明石焼きと称されて
食べさせられたことがあるそうで、
ぜひ本物の明石焼きを食べたいと熱望していたのです。
「ようやく念願が叶ったわ」とご満悦でした。
確かに中にタコは入っていますが、これは決してタコ焼きではありません。
タコの入った玉子焼というのが正しい。
現に地元の明石市ではこれを「玉子焼」と呼んでいるそうです。
明石や神戸に行ったら絶対これは逃せませんね。

明石焼きの店を出たのが二時前でした。
あれはおやつだから、あれだけではお昼にならないでしょうと、
友人のお宅で出された昼食がこれ。
ちらし寿司の上にマグロの漬けが乗っています。
IMG_2300 (480x270)

こんな素晴らしいちらし寿司は食べたことがありません。
奥様ごちそうさまでした。
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1545-27ac96e8