ギャレット Galette

.02 2015 ブルターニュ懐古旅行 comment(0) trackback(0)
タボール公園を散策したらもうお昼。
ブルッターニュに入っての最初の昼食は
当然ギャレット(そば粉のクレープ) にしました。

サンタンヌ広場はクレッペリ(Crêperie)が多い広場です。
IMG_3133 (480x270)

外は肌寒いので、囲いのあるクレープ屋さんに入りました。
IMG_3135 (480x270)

当然のごとくシードル(リンゴ酒)を頼みます。
IMG_3137 (480x270)

それにしても、あちらのカップルですが、
どうしてあんなに顔をくっつけて、
しかも相手の目をのぞき込んで話さなければいけないのでしょうか。
特に女性のほうがねー。
IMG_3139 (480x270)

一皿目に普通はコンプレットという、
ギャレットの中にハム、チーズ、卵、キノコなどをくるんだものを食べます。
IMG_3140 (480x270)

水は普通の水道水。
IMG_3143 (480x270)
レストランに入ってメニューを頼むと必ず
「エ、コム ボワッソン?(それで、お飲み物は?」と聞かれます。
慣れないうちはついつい「ミネラルウォーター (エビアンやヴォルヴィックなど)」
を頼んでしまいますが、高いのです。
水道水は無料です。
「ユヌ・キャラフ・ドー、スィルヴプレ(Une carafe d'eau, s'il vous plaît)」
(水差しの水をお願いします) と言いましょう。
今回の旅では、最後までこれで押し通しました。
とうとう一回もミネラルウォーターを頼みませんでしたね(ケチ)。


そして二皿目に普通の甘いクレープ(小麦粉のクレープ)を
デザート代わりに頼みました。
IMG_3144 (480x270)

日本では、神楽坂の "Le Bretagne" が大成功して、
セカンドブランドの "BREIZH Café Crêperie" を多店舗展開し
あちこちでそば粉のギャレットが食べられるようになって
認知度も上がったと思うのですが、
これはもともとブルターニュ発祥の食べ物なのです。

スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1556-ae5cfa0c