ポンマンの奇跡 Notre Dame de Pontmain

.09 2015 ブルターニュ懐古旅行 comment(0) trackback(0)
いやいや、まいりました。
この記事を書くにあたって、ポンマンという町のことを調べようとしたら、
なんとこの町は奇跡が起こったことで有名な町だったのです。

ブルターニュ駐在中もこの町のことは
先輩諸氏から全く教えてもらったことはありませんし、
フランス人からも話を聞いたことはありませんでした。
ルルドの泉を見にピレネーの山奥まで出かけて行ったのに
レンヌから車で一時間もかからないこんな近くの町で
奇跡が起こっていたなんて。

この教会を知ったのは、
以前レンヌに住んでいた他企業の駐在員の奥さんが
ブログでこの教会のステンドグラスをほめていたからです。

この写真のデジタルデータを見ると撮影したのは午後3時51分。
(海外旅行の時はデジカメの時間を現地時間に変更したほうがいいですよ)
ちょうど、ミサの召集の鐘が鳴っていて、人々が集まってきました。
IMG_3317 (480x270)

中に入ると、ステンドグラスの色のせいでしょうか、
内部はブルー一色に染まっていました。
荘厳な感じを余計に盛り上げてくれます。
(実はこのブルーにも意味があるのは、後でわかったことです)
IMG_3318 (480x480)

確かに、このステンドグラスは素晴らしい。
しかも新しいですね。
IMG_3319 (480x480)

「ステンドグラスに十字架をあしらっているのは珍しくない?」
「そうだね、おまけに JESUS-CHRIST という字まで書いてある」
IMG_3321 (480x480)

祭壇の十字架にも JESUS-CHRIST の文字がついています。
「なんかこれ、英語っぽくない? 大体、わざわざ字なんか書かなくったって
これがイエス・キリストだって誰でも知っていることじゃん」

実は、このフランス語発音が「ジェズィー・クリスト」だというのは
この記事を書くにあたって電子辞書をひいてみて初めて知りました。
駐在員時代、フランス人と宗教の話は殆どしたことがなかったのです。
IMG_3320 (480x480)

祭壇の上のほうにも字が書いてあります。
IMG_3322 (480x270)

ラテン語じゃないよね、フランス語だよこれは。
後で意味を調べてみようと、写真だけは撮っておこうと
メモ代わりに撮影したのです。
(要は、この字が奇跡だったのですよ、撮影しておいてよかった)
IMG_3323 (480x270)

マリア様の前には車いすの人も集まってきて、
ミサが始まりそうな雰囲気だったので
信者でもない我々は退散することにしました。
IMG_3324 (480x270)

こちらが正面でした。これはすごい。
田舎の教会にしてはえらく高い。
IMG_3325 (480x480)

この像は誰?キリストにしては女っぽいよね。
IMG_3327 (480x480)

台座に何か書いてあります。
「ここに、1871年1月17日、天が開かれた」????
何の意味だろうね。
でもここの教会が新しいのはこのころ建てたからじゃないのかな。
IMG_3329 (480x270)

実はこれは青い服を着たマリア様の像だと知ったのは、
この記事を書くにあたって、Wikipediaを発見したからなのです。
IMG_3330 (480x270)
Notre-Dame de Pontmain

お待たせしました。
長く引っ張ったのですが、
Wikipedia 「ポンマンの聖母」 を読んでみてください。

これによると、
1871年1月17日夕刻、空にこの像のような蒼い服を着た聖母が現れ、
無言のうちに以下の文字メッセージを伝えたというものです。
しかしそれは子供たちにしか見えず、大人たちには見えなかったとか。

MAIS PRIEZ MES ENFANTS DIEU VOUS EXAUCERA EN PEU DE TEMPS
(さあ祈りなさい 子供たち 神はまもなくあなた方の願いを叶えるでしょう)
MON FILS SE LASSE TOUCHER
(我が子は心を動かされます。)

この文字が教会の祭壇に書いてあったのでした。
この奇跡が起こった後、5日後にプロイセン軍は突然フランスから撤退し、
この教区から派遣された兵士は全員無事で帰還したそうです。

1858年に奇跡の起こったルルド では、その後泉の水を飲んだ足萎えが
歩けるようになり、以後世界中から信者や観光客が押し寄せています。

しかし、ここポンマンでは何事もなかったようですね。
聖母の像に触れればご利益があるとかなんとか
噂を流せばよかったのにね。

それはともかく、日本のキリスト教信者の方には、
この教会とモンサンミッシェルの参拝はセットになっているようでした。

スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1563-8da997a0