モンサンミッシェル Mt St-Michel

.29 2015 ブルターニュ懐古旅行 comment(0) trackback(0)
母の葬儀で中断していたブルターニュ懐古旅行のレポートを再開します。

5月17日 日曜日。
3泊したレンヌの町に別れを告げ、
今日はいよいよモンサンミッシェルへ出発です。

GPSにインプットすると目的地が出てきません、
慌てて地図を見ると、この町の名前は Le Mont Saint-Michel でした。
頭にLeをつけないと町の名前にならなかったのです。
GPSが指定した昔の最短距離のルートを拒否して、
新しくできた高速道路に乗って行きました。

見えてきました。麦畑の上に浮かぶモンサンミッシェルです。
IMG_3353 (960x540)

新しくできた駐車場です。
出るときの駐車料金の精算はクレジットカードしか受け付けないのでご注意。
IMG_3359 (480x270)

駐車場の土手から見たモンサンミッシェル。まだだいぶ遠いですね。
IMG_3358 (480x270)

左に行けばシャトルバス(無料)の発着所まで200m徒歩3分、
右に行けば2900m、徒歩40分。
IMG_3362 (480x270)

今日の予定はここモンサンミッシェルだけ。
まだ朝の10時半。
急ぐことはないので、歩け歩けコースをとることにしました。
IMG_3363 (480x270)

モンサンミッシェルは遠くから眺めるのが良いのです。
歩きでないとゆっくり写真をとることもできませんしね。
IMG_3365 (480x270)

島根の田舎の休耕田はキンポウゲでまっ黄色という記事を以前書きましたが
フランスでもキンポウゲは花盛りでした。
IMG_3367 (480x270)

この花はレセダ・ルテア(モクセイソウ科)と判明しました。 Reseda Lutea
IMG_3369 (480x270)

歩け歩け。
IMG_3375 (480x270)

ここらあたりから、道路は桟橋になってきました。
桟橋にして砂が堆積するのを防ぐというのが今回の工事の目的です。
IMG_3384 (480x270)

昔は、この辺は駐車場でした(26年前の写真)。(Phote de mars 1989)
19890326 MtStMichel 03 (480x316)

昔はこんな風にわんさか駐車していたものですが、(Photo de mars 1989)
19890326 MtStmichel 04 (480x321)

現在の駐車場は、写真の上部の堰のあたりに後退してすっきりしましたね。
IMG_3418 (480x270)

満潮の時に水没しないように石の上に駐車していますが、
どうやって上げたのでしょうか。
それにしても、なぜ今だに工事が終わらないのか。
2011年2月10日に 「未来のモンサンミッシェル」 という記事を書いていますが、
この工事は2006年に開始し、2012年に完了することになっていました。
今はもう2015年です。
この調子だとあと何年かかることやら。フランスです。
IMG_3389 (480x270)

これがシャトルバスですが何やら変です。
IMG_3387 (480x270)

前と後ろの両方に運転席がありました。
停車場に着くと運転手が前?から降りて後ろ?に移動してきました。
IMG_3388 (480x270)
「ええ~?あほか?」と私は思いましたが、
おそらくフランス人が喧々諤々の議論をしたのだと思います。
こんなメンテに金のかかる特殊車両を開発するよりも、
Uターンできる場所を作ればいいじゃないかと思うのですが、
「いやいやそれは、環境に…、歩行者の安全が…」
とかいう議論があったのでしょうね。

もう一つよくわからないのがこれ。
「満潮の時間は午後17時30分と明朝6時、
その時刻以前にここに停車している車は引き上げるように」
IMG_3391 (480x270)
という注意書きなのですが、これは岸から随分と離れた所に置いてあるのです。
今は一般車はここまで来れないので、業者さんへの注意書きだと思うのですが、
業者の車は城壁の前に駐車していて、こんなところには車は置いてないのです。
この注意書きは城壁の入り口に置くべきだと思うのですがね。

モンサンミッシェルは外から、遠くから眺めるもので、
城壁の中は江の島の参道か、浅草の仲見世通りかという雰囲気。
ここで商売の権利を持っているのはわずか数家族だけなのだそうです。
IMG_3400 (480x480)

おおー。レンヌの町ではもう散っていたリラの花が咲いています。
ここは少し寒いのですかね。
IMG_3404 (480x270)

コマドリが。
IMG_3406 ヨーロッパコマドリ (480x270)

「あんた重いわよ、早く降りて」と言っているように聞こえました。
IMG_3411 (480x270)

イチハツとモンサンミッシェル。
IMG_3412 (480x270)

マロニエとモンサンミッシェル。
IMG_3421 (480x270)

イチジクとモンサンミッシェル。
IMG_3422 (480x270)

ツタとモンサンミッシェル。
IMG_3423 (480x270)

今回は教会の中へは入りませんでした。
その代わり、切符売り場のところから下へ降りる道に初めて入りました。
こんなところにお墓があるなんて知りませんでした。
IMG_3427 (480x480)

この礼拝堂も初めて入りました。
IMG_3428 (480x270)

もちろん、この聖ミカエルの像にも初めて出合いました。
今まで十数回は来ているのですが、
いつもお客さんの予定が詰まっていて表通りしか歩いていなかったのです。
IMG_3431 (480x480)

やはり裸足で歩きたい人はたくさんいます。
IMG_3441 (480x270)

写真が増えるので、昼食の写真は省きます。
IMG_3443 (480x480)

木組みの家とモンサンミッシェル。
IMG_3445 (480x480)

午後になって、すっかりいい天気になりました。
IMG_3459 (480x270)

これはGPSに騙されて入り込んだ野菜畑の中の道から。
モンサンミッシェルから10km西です。
IMG_3465 (480x270)

20km離れた西の海岸通りから。
ようやくプレサレの羊さんが入ったモンサンミッシェルの写真が撮れました。
IMG_3472 (480x270)

まだ午後2時半ですが、今晩のシャトーホテルに向かいます。
MtStMichel drive

スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1565-97a6f113