食いしん坊のコーヒー Café gourmand

.05 2015 ブルターニュ懐古旅行 comment(0) trackback(0)
日替わり定食のランチの最後に出てきたコーヒーです。
まいりました、これはすごい。
01IMG_3799 (960x540)

確かに黒板には Café gourmand とは書いてありましたがね。
gourmand (グルモン)がこういう意味だとは知りませんでした。
02IMG_3801 (480x270)
辞書を引けば gourmand とは
「食道楽の、美食家の、食いしん坊の」という意味の
形容詞だと書いてあります。
でもこれは「豪華なコーヒー」または「盛りだくさんケーキ付コーヒー」
と訳すのが正しいでしょう。

モンコントゥールの町の散策が終わったらちょうど12時。
このホテル・レストランに入りました。
名前が Hostellerie de la Poterne、裏門旅籠というような意味でしょうか。
03IMG_3802 (480x270)

内装の新しい、こぎれいなレストランですが、われわれが最初の客です。
ランチメニューは日替わり定食だけ。
04IMG_3795 (480x270)

おしゃべりなマダムがでてきて、このメニューには
ワインかシードルが一杯ついているから飲めというのですが、
運転しなければならないのでと断ると
「いいじゃないの一杯くらい」
「いやー、日本人はシビアーだから」
「確かにフランス人はね~、コムシ・コムサ」
05IMG_3800 (480x270)

「今朝ニュースで、日本のニュースを見たばかりなのよ。
たしか東京ではディーゼルの排ガス規制が厳しいとかいうニュースだったわ。
めったに日本のニュースなんかないのに、よりによってそんな日に
日本人が来るとはねー」
(確かに、旅行中にテレビで見た日本のニュースは
浅田真央が復帰したというニュースだけでしたね)

「このお店、新しそうだけどいつ開店したのですか?」と聞くと
「5年前にホテルと一緒に開店したのよ、そしておととし改装もしたわ」
「それは結構な投資でしたね」

このマダム、ホテルの入り口のほうを見ては
入って来そうな客の数を数えて、2人席用のテーブルをくっつけて
あらかじめ6人用の席を作ったり、4人用の席を作ったりするのです。
そして私たちのほうを見てウインク。

結局この日は、作業着を着た6人組を皮切りに、
地元の人らしき人々が14人ほど入ってきました。
結構繁盛しているようですね。

ランチメニューのアントレがこれ。
06IMG_3796 (480x270)

二皿目は、私が魚料理、
07IMG_3797 (480x270)

家内が肉のブロシェット(串焼き)を注文しました。
08IMG_3798 (480x270)

そして最後に、最初の写真の Café gourmand が
どーんと出てきたのです。

このランチセットメニューのお値段が一人たったの12€(1600円)でした。
やはり田舎は安いです。

日本の感覚からすると高いかもしれませんが、
外食は日本が異常に安すぎるのです。
フランスではちょっとした食事をすると20€(2660円)とられますからね。
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1572-258a958a