幻のササユリ Lilium japonicum

.27 2015 島根県 comment(0) trackback(0)
とうとう見ることができました。幻のササユリです。
01IMG_5536 (480x480)

ここは「ふれあい公園 笹遊里」(島根県邑智郡川本町)です。
02IMG_5543 (480x480)

義妹から、この公園でたくさん咲いているのを見たことがあるという話を聞き
やってきました。
03IMG_5537 (480x480)

公園で草刈りをしていた管理の人に聞くと
「ササユリを見に来んさったか。
先日まで5本くらい咲いていたんですがねー、
今はそこのバンガローの裏に一本だけ咲いているはずですが」
という答えです。
それでこの一本に出会えたのです。
04IMG_5544 (480x480)

私が子供のころは、6月に森に入ると強烈な香りで頭がくらくらするほどで
実家の周りでもいくらでもササユリを見かけたのですが、
昨日散歩した時は影も形もありませんでした。
最近は山の下刈りをしなくなったので、数が減ったのだろうと
親戚の人々は推測しています。
どうもササユリは背丈が笹よりも低くてそれ以上伸びないらしいのです。
(ということは、春先にユリの芽が出る前に
一度下刈りをしてやればいいのではないかと私は思うのです)
また、球根を山から掘ってきて自宅の庭に植えても
根付かずに枯れてしまうと親戚のおばさんが力説していました。

このササユリ一本では満足できなかったので、
小学時代の同級生に尋ねたら、やはりこの公園を紹介してくれました。
また5月には普済寺(江津市)の境内でヒメサユリが咲くことも。

笹遊里公園の奥の池でもモリアオガエルの泡巣を発見しました。
05IMG_5548 (480x270)

でも下では鯉が待っているのですよ。
06IMG_5546 (480x270)

帰り道で桜江町(江津市)で、今井美術館に寄り道してみました。
結構いい日本画を展示しているという噂でした。
IMG_5554 (480x270)

これは美術館の中の窓から見えた庭です。
IMG_5557 (480x480)

残念ながら、日本画の常設展示はなくて、代わりに江津市出身の
佐々木恵未さんという童画家の絵本の挿絵展をやっていたのです。
これがまた展示方法に問題がありました。
日本の絵本は右側から開くのに、展示は左回りになっていて
見にくいったらないのです。
さすがに頭に来て受付のお姉さんにクレームをつけておきました。
いつもは「やめなさいよ」という家内も、今回は許してくれました。

さらに江津方面に帰る途中で道路標識を発見したので、
道の駅「サンピコごうつ」に立ち寄ってみました。
高速道路のサービスエリア並みに、
ガソリンスタンド、土産物店、野菜直売所、食堂2店があり、
石見神楽常設ステージまでありました。
車がたくさん止まって、繁盛しているようです。
IMG_5566 (480x270)

オロチというラーメン屋さん。
IMG_5572 (480x270)

とうぜん、オロチラーメンを注文。
辛いのですが、私好みの細麺で、なかなかいけます。
IMG_5573 (480x270)

江津市は石州瓦の産地なので、
「瓦ぬご縁」という駄洒落です。
IMG_5576 (480x270)

絵馬のように願い事を書いてぶらさげてありましたが、
パリのポンヌフの鍵のような流行にはならないのでしょうね。
IMG_5577 (480x270)
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1577-27a8bf47