ロクロナン Locronan

.16 2015 ブルターニュ懐古旅行 comment(0) trackback(0)
ロクロナンは私がブルターニュにいるころから駐在員の間では有名でした。
そのころフランスの美しい村という制度があったかどうかは知りません。
01IMG_4263 (480x270)

昨日、さんざん絢爛豪華な教会をいやというほど見てきたので
もうこの程度の教会では満足できないのですが、
03IMG_4278 (480x480)

一応中はのぞいてみます。
04IMG_4265 (480x480)

おそらくこの町を訪れるのは今回で3回目だと思いますが、
これだけの街並みを持つのはそうそうはありませんよ。
05IMG_4266 (480x270)

石壁の家だからこういうことができるのでしょうか。
06IMG_4267 (480x270)

洋服屋の周りを
07IMG_4268 (480x270)

ぐるっと白藤に囲ませる。
08IMG_4270 (480x270)

何回見てもいいなあと思いますね
09IMG_4272 (480x270)

もちろん紫の藤も歓迎です。
10IMG_4269 (480x270)

週末だと人があふれるのですが、今日は金曜日。
11IMG_4273 (480x270)

絵になりますね。
12IMG_4275 (480x270)

イワガラミは鎌倉の東慶寺で初めてみたのですが、
フランスにもあるとはどういうことでしょうか。
13IMG_4277 (480x270)
調べてみました。イワガラミ(岩絡)(アジサイ科)、
英語名はJapanese-hydrangea、原産地は日本と韓国南部の山地です。
西洋アジサイの原種は日本のガクアジサイでシーボルトが日本から持ち帰って
品種改良されたものですから、やはりこれも犯人はシーボルトですね。

もうじきブルターニュ名物のアジサイが咲きますが
日本から来たとは誰も知らないのでしょうね。


これは市庁舎。日本の感覚からすれば村役場です。
14IMG_4279 (480x270)

今回の旅で今まで見たフランスの美しい村では、
サン・スリアックとル・ファウはいまいちでしたが、
やはりこの村はダントツでおすすめです。

スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1587-24d35b61