カンペール Quimper

.17 2015 ブルターニュ懐古旅行 comment(0) trackback(0)
ロクロナン散策の後、カンペールに着いたのが夕方5時前。
まだ十分明るいです。

街中を流れる川の両側は赤と白のマロニエの並木。
01IMG_4285 (480x270)

ここは県庁。フィニステール県の県庁所在地は最大の町ブレストではなく
カンペールにあるようですね。
日本の一極集中と違って行政機能の分散化が図られているようです。
02IMG_4288 (480x270)

有名なカンペールの大寺院。
03IMG_4286 (480x270)

もうお寺には飽き飽きですが中に入ってみましょう。
04IMG_4309 (480x480)

この絵の意味は何でしょう。キリストにこの寺院をプレゼント?
05IMG_4302 (480x270)

広場の隅の土産物店に日本の国旗を発見。日本人客が多いのかな?
06IMG_4294 (480x270)

豚の行進という芸術展?をやっています。残念ながら今日はもうお終い。
07IMG_4303 (480x270)

cochonner 子豚する? 電子辞書を引くと「汚す」となっています。
ブルターニュを汚すな!環境団体のプチ・デモのようです。
08IMG_4306 (480x270)
(注)日本に帰ってからわかったことですが、
ブルターニュ地方では豚を集中飼育していて、汚水を垂れ流すから、
海岸に緑の海草が大量発生して海岸を汚染していることへの反対デモだったようです。
その画像を集めたサイトはこちらです。

バーでちょっと一休み。
09IMG_4304 (480x270)

ホテルへの帰り道でこんなものを見つけました。
「指圧、日本式マッサージ学校」、怪しげですね。
10IMG_4311 (480x270)

駅前の二人一泊5000円の安ホテルで、お持ち帰りのケバブで夕食。
シャトーホテルからバックパッカーホテルまで、
この落差、節操のなさが日本人らしいところ。
11IMG_4313 (480x270)



明けて5月23日土曜日、旅行の10日目。
今日はトロノエンのカルヴェールと、ラ・トルシュ岬のドルメン、
ポンタヴェンの黄色いキリスト、カルナックの列柱を見て、ヴァンヌまで。
12Pont-Aven.jpg

ホテルの受付のおじさん曰く「下請けに出している」隣のバーで朝食。
13IMG_4315 (480x270)

バーですからね、賭け事もありですよ。
14IMG_4316 (480x270)

おじさんは競馬新聞で予想に余念がありません。
当たるといいですね。
15IMG_4318 (480x270)

さあ、今日も元気で出発。
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1588-80ac38c1