FC2ブログ

融通無碍な言葉 オン

.30 2010 フランス語 comment(2) trackback(0)
今まで「便利な言葉、ムッシューとマダム(04/03)」
「魔法の言葉スィルヴプレ(05/04)」をお届けしたが、

今日は融通無碍な言葉「On = オン」を紹介しよう。

On は英語の「上に」ではない。フランス語である。

この言葉はフランス語の授業では教えてくれない。

今面白半分にNHKの「まいにちフランス語」を
朝7時半に目覚まし代わりに聞いているが、
4月のスタートから5か月過ぎてもOn は出てこない。
出てこない理由は、推測するに、これを教えると、
一人称単数、二人称単数、三人称単数、
一人称複数、二人称複数、三人称複数、

という6種類の動詞の活用を覚える必要がなくなるからである。

生徒さんがやる気をなくすというか、努力しなくなるからである。

旺文社のROYAL辞書でOnを引いてみると、
1 人(は)、人々(は) 
.......a. 人間一般 
.......b. 限定で 
.......c. 行為者を明示しない時
2 誰か(が)、(ある)人(が)
3 主語人称代名詞の代用
.......a. 私(は)
.......b. <話>私たち(は) 
.......c. <話>君(たちは)、あなた(方は) 
.......d. 彼(らは)、彼女(らは)
―NB 常に主語として用い、
動詞は三人称単数形を用いる

何だこれは、要するに何でもありじゃないか。
しかも活用は三人称単数だけ。
これは便利というか、融通無碍である。
主語を言わない日本人にとっては使いやすい。

私がこの言葉に初めて出会ったのは、
例の部下の会計課長さんのお陰である。
彼のお陰で「便利な言葉スィルヴプレ」を会得した。
彼は私の直属の部下であり、片腕である。
会社の中のフランス人の中では彼と一番よくしゃべっているので、
彼のフランス語から必然的に多くのことを学ぶのである。

私の前任者が帰国するにあたって、
皆で記念品をあげようということになり、
皆から少しずつお金を集めて、足らず前は私が出して
レンヌの絵を買おうということになった。

会計課長とレンヌの町中のギャラリーに入った。
On cherche un tableau de ville de Rennes.
オン・シェルシュ・アン・タブロー・ド・ヴィル・ド・レンヌ
「レンヌの町の絵を探しているのですが」
と会計課長は店の人に切り出した。
この時の私の驚き。
こんな表現に出会ったことがなかったからである。

フランスに来た当時私が知っている買い物の時の表現は、
Est-ce-qu’il y a XX ?   XXはありますか?
Est-ce-que vous avez XX ?  XXをもっていますか?
Je voudrais XX ?  XXが欲しいのですが?
ぐらいしかなかったので、これには驚いた。

大体Onとは誰だ。自分なのか我々なのかそれとも第三者なのか。
その時点で私が知っていたOnの用法は
On parle francais en Canada. カナダではフランス語を話す
というたったひとつ例文だけだったからである。

英語はいろんな言葉が集まってできたので、
ヴォキャブラリーはフランス語より圧倒的に多いが、
こういう便利な表現はない。
せいぜい They speak French in Canada.くらいなものである。

この時以来、買い物の時の私の常とう句が On cherche である。

気をつけて聞いていると、
会話の中ではOn は非常に多用されている。

On va bien ?
On est la ?
On etait comme ca ? 
On y va.
On est d'accord ?
On va faire comme ca ?
On doit faire comme ca.


On のオンパレードである。

融通無碍で便利なことは間違いないが、困ることもある。

動作の主体が誰なのかわからない
からである。

フランス人は自分の過ちを認めない。
(フランス人に限ったことではないが)
エラーを発見した時にフランス人に問いただすと、
間違いが起こった経過を延々と説明する。
決してすみませんとかは言わない。
わからないというと、また一から延々と事の経過を説明する。
この時の主語はOn である。

こちらは言いたい。
貴方は On 、Onと言っているが、それは彼でも彼らでも私たちでもなく、
要は貴方がやったのでしょう、
なぜ Je とか C’est moi qui ... とか言わないのか。

本当にOn は融通無碍な言葉である。

------------------------------------------------------------
フランス語にもあいまい表現があることに納得された方は拍手をお願いします。
↓↓↓↓↓
関連記事
スポンサーサイト



Otium
フランス語を習い始めたときは、onはjeと同じ動詞活用なので、何でもかんでもonで済ませたいと思ったものでした。

でも、onが誰を指すのかと気になることが私もあります。腹立たしく思っうのは、正におっしゃる状況のときです↓
>貴方は On 、Onと言っているが、それは彼でも彼らでも私たちでもなく、要は貴方がやったのでしょう、なぜJe とかC’est Moiとか言わないのか。

友人の中に先生タイプがいるのですが、教養があって生き字引のような人なので、彼が何か言うと皆が感心してしまっています。ところが、あるときから気になり始めました。この人は「je」を使えば良いところを「on」で言う傾向にあるのです。「on」と言われると、私も含めて「我々」と一般化されたように感じるので反感を覚えます。私は違う風に考えるのだから、その人には「私は○○と思う」と言って欲しい。「onではなくて、あなたが、でしょう」と言い返してしまうこともあります。

ネイティブなら「on」が誰なのかにこだわらないのだろうなとも思っていたのですが、精神科医がサルコジ大統領の言葉を分析したビデオを見て、やはり微妙な言葉なのだなと感じました。サルコジが「on」を使ったためにイスラム系の人が侮辱されたと感じさせてしまったケースの例をあげて、「on」は高圧的な言葉となると説明していたのです。
http://www.dailymotion.com/video/x1vfyt_gerard-miller-analyse-sarkozy_news
2010.09.01 16:21
豊栄のぼる
Otiumさん、
この記事はちょっと楽屋落ちだなと思いつつ書きました。
フランスで生活した人しか落ちがわからない。
日本人駐在員は皆思っていました。
フランス人は都合が悪くなるとOn、Onて言うよね。ずるいなと。

でもサルコジのようなニュアンスがあるとは知りませんでした。
そこまでフランス語が分かる人はうちの会社にはいませんでしたので。
2010.09.01 19:38

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/160-c4d6b831