石見銀山

.28 2015 島根県 comment(0) trackback(0)
豊栄神社。いやー本当にあるんですね。
私のペンネーム”豊栄のぼる”は高校の校歌の歌いだしからとったものですが、
まさか石見銀山の中にこの名前の神社があるとは思いませんでしたよ。
01IMG_5808 (480x270)

祭神は毛利元就だそうです。
関ケ原で負けて、石見銀山を手放さざるを得なかったというのは
悔しかったでしょうね。
この石見銀山と佐渡金山で徳川幕府が維持できたわけですから。
02IMG_5809 (960x540)
(この写真はクリックで拡大)

石見銀山散策コースの入り口にある五百羅漢の裏庭です。
IMG_5793 (480x270)

ギボウシのちょっとした群落がありました。
IMG_5794 (480x270)

ちょうど秘仏を公開していたのですが、撮影禁止で、
写せるのはこういう外観だけでした。本当にケチなんだから。
IMG_5796 (480x270)

お寺の対面の崖の洞窟の中に五百羅漢はあります。
IMG_5798 (480x270)

ここも内部は撮影禁止となっていました。
こんな感じのお地蔵さん(羅漢)が本当に五百体以上あります。
IMG_5799 (480x270)

実はここを訪れたのは2か月前の7月。
子連れだと石見銀山の散策は大変です。
IMG_5803 (480x270)

龍源寺間歩まで2.3kmという看板があります。
計画では、ここ石見銀山公園からタクシーで行こうと考えていたのですが、
車は一切ダメなのだそうです。貸自転車か歩き。
IMG_5806 (480x270)

車は石見銀山世界遺産センターに駐車し、
あとは公共のバス(有料200円)を使えということだったのですが、
ここ石見銀山公園(B地点)にも駐車場はありました。しかもがらがら。
口惜しい。
石見銀山Map
お客さん(嫁と嫁の両親)が是非見たいというので
上り坂をせっせと歩きました。
その間、地元の住人の車がばんばん追い抜いて走るのです。
昔は龍源寺間歩の前の駐車場まで車で来れたのですがね。
世界遺産というのは面倒なものです。

夕方5時には入口が閉まるというので必死で歩いたのですが、
何とか間に合いました。
IMG_5810 (480x270)

かいた汗が一気に引くほど中は涼しいです。
IMG_5811 (480x270)

頭をぶつけないように、ひたすら歩きます。
IMG_5812 (480x270)

帰りは下り坂なので、歩けますが、本当にサービスが悪いですよ。
萩市が世界遺産で必死で売ろうとしているのに、
ここ石見銀山はやる気がありません。

お盆に、小学校のみんなと飲み会をやった時に聞くと、

「それは当然だよ」と異口同音に答えられました。

「世界遺産に指定された途端にわんさか人が来て
地元の人は大迷惑だったようだよ。
もうあまり人に来てほしくないと思っているのじゃないかな」

スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1622-ccd850b5