往復葉書は生き残れるか

.01 2015 ブログ comment(0) trackback(0)
先週の土曜日、2か月先の大学クラス会の案内をメールで出した。
宴会場所の予約がとれたからである。
これで終われば幹事も楽なものだがそうはいかない。

メールアドレスのわからない者が6人いるのだ。

そして一人は会社のメールアドレス宛に出したら
"Undeliverd Mail Returned to Sender"が帰って来た。
おそらく会社を退職したのだろう。
私の年齢になると定年後、会社を転々とするやつがいて
会社を変わるたびに新しい会社のメールを連絡してくるのだ。
自宅かケータイのアドレスはないのかといいたいが、
自宅のパソコンを毎日触る習慣がなければ、
確かに会社の方が確実ではある。

そういうメンバーのために往復葉書という手がある。
「今日は土曜日だから、郵便局はお休みよ」
「あっ、そうか。コンビニでは売ってるよね」
ということで近い方のファミリーマートに行ったら
「申し訳ありません、往復はがきは扱っておりません」

そうかやっぱりセブン・イレブンでないとダメか。
以前往復はがきを買ったことのある店に引き返した。
「申し訳ありません、お往復はがきは置いておりません」

ありゃー。
往復はがきを買いに来る客がいなくなって
もう在庫を置いてないのだろうか。

ということで月曜日になるのを待って郵便局で買ってきた。
IMG_7033modif (480x270)
去年のデザインの文字をちょこちょこっと修正して、
会場の地図を貼り換えてお終い。

「それにしても、今時往復葉書なんて。
あなたのお友達って今時ケータイも持ってないの?
あきれるわ」

「確かにいまだにケータイを持とうとしない頑固な奴が一人はいるけどね。
それ以外の奴は、俺にメールアドレスを教えたくないんだろうね」

往復はがきの返信蘭に
「今後の通信のためにメールアドレスを教えてください」と
記入欄を設けているのだが、書いてこないのだ。

往復葉書を出す奴は、ほとんどクラス会に出席してきたことはない。
クラス会に出席する気がないから、メールアドレスも教えないということなのだろう。
ひどい奴になると、返信の葉書すら返してこないやつがいるのだ。

関東地区の高校同窓会は以前は往復はがきを出したこともあったが、
今では、ケータイのメールアドレスを知っている奴しか連絡していない。

中学の同窓会ではいまだに100人に往復はがきを送っている。
出席するメンバーも30人前後に限られてきたから、
いずれケータイのメールアドレスを持っている奴だけに
連絡することになるかもしれない。

往復はがきはいつまで生き残るのだろう?



スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1625-2f19e7dd