フレンチ L'ARBUEL

.10 2015 食と料理 comment(0) trackback(0)
センター北で映画を見た後、仲町台に移動。
フレンチレストラン・ラルビュエル (L'ARBUEL) にやってきました。
フランス語を知らないと発音できそうもない名前です。

火曜日の夜はただでさえ客が多くはないと思います。
ましてや雨で、客は私たちだけでした。
02Larbuel (480x270)

店の名前の由来を聞くと、
フランスの小さな川の名前としか教えてくれませんでした。
帰宅して調べてみると、フランスはリヨンの南、ローヌ河のそばに、
コンドリューというヴィオニエ種の高級白ワインで有名な町があります。
そのそばに Ruisseau d'Arbuel という名前の付いた小川を発見しました。
おそらく、シェフにとって修行時代の思い出のある場所なのでしょう。

ピッチェで赤ワインを頼んだだけですが、アペリティフのあてが出てきました。
ナスとさんまの燻製、そしてオリーブのマドレーヌ。
(以下、いちおう写真撮影の許可をとって写しました)
IMG_7429 (480x270)

一皿目は、私がレバーのムース。
IMG_7430 (480x270)

家内がハタの刺し身?オリーブオイルで合えたもの。
こういうのはイタリアンだとカルパッチョですが、
フレンチではなんというのか忘れました。
IMG_7431 (480x270)

次にトウモロコシのスープが出てきました。
IMG_7432 (480x270)

これはパンにつけて食べてくださいという、豚のリレット。
とてもおいしくて、これだけでパンがなくなってしまう。
息子たちの大好物でしたね。
IMG_7433 (480x270)

二皿目は、家内がカモ。
IMG_7434 (480x270)

私がヒツジの煮込み。
IMG_7435 (480x270)

デザートは、私がファー・ブルトン。
IMG_7436 (480x270)

家内がクレーム・ブルレー。
IMG_7437 (480x270)

最後にでてきたコーヒーのあて。
IMG_7438 (480x270)

とてもおいしくて、量も日本人向けに合わせた適当でした。
このコースで3800円(28ユーロ)はお得です。

スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1632-bd7a366c