リエット Rillettes

.14 2015 食と料理 comment(2) trackback(0)
先日、 仲町台のL'ARBUEL でパンの充てに リエット が出てきて、
忘れていた欲望がむくむくと頭をもたげ、
「リエットが食べたーい」ということになりました。
「ところで、リエットなんてどこで売ってるかね?」
あざみ野駅構内の Sucré Schwein = シュクレ・シュバインという
フランスとドイツの合弁会社みたいな店で売っていました。
IMG_7518 (480x270)

この小さな瓶で、756円もとるのです。
リエットというと豚肉のくず肉を再利用したものだという朧げな記憶があって、
この程度の小瓶だとせいぜい2~300円かと思ったのですが、
高い!高すぎる!
ラベルには、
原材料:豚肉・鴨肉・ネギ・白ワイン・香辛料・岩塩・発色剤(亜硝酸Na)
という表示があります。
カモ肉を混ぜているんだって。

ということで、今晩の晩御飯は、リエットとかぼちゃのスープだけ。
IMG_7520 (480x270)
Soupe au potiron

バゲットの切れ端に
IMG_7521 (480x270)

ひたすらリエットを塗り付けて食べる。簡素な食事です。
IMG_7523 (480x270)

これではあまりに寂しいので、
妹からもらったフランスの極上赤ワインを開けました。
IMG_7128 (480x480)

日本食でいうと、ご飯に美味しいふりかけかけて食べるようなもので、
いくらでもパンが食べれます。

こんなへんちくりんな晩飯を食ってるなんてのは
俺たち夫婦ぐらいなもんかな。

スポンサーサイト

副長
フランス人みたいな食事ですね♪
2015.09.23 11:52
豊栄のぼる
そうかもしれません。この後、ネットでレシピを調べて家内がリエットを手作りしましたが、それもおいしいです。
2015.09.23 12:53

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1636-9a844bbd