料理用語のお勉強

.01 2015 食と料理 comment(0) trackback(0)
駒ケ根の早太郎温泉の「山野草の宿 二人静」に宿をとりました。
ここは洋式ホテルと和風旅館を併設しているようで
この写真の左側にある簾の子の露天風呂で
外人さん4人組がビールを飲んではしゃいでいました。
IMG_7978 (480x270)

和風旅館の部屋を指定したのですが、宿の名前の通り、
部屋の名前はすべて山野草になっています。
私たちの部屋の名前は 「繻子蘭」 。
残念ながらこの花はまだ見たことがありません。
「突抜忍冬」 なんて部屋もありましたよ。
IMG_7979 (480x270)
La chambre de l'hôtel d'une station thermale.

寝室とテラスの間に風呂があるのですが、残念ながら温泉ではありません。
IMG_7980 (480x270)

和風旅館の夕食の宴会場はテーブルがつい立で区切られており、
ゆったりした作りになっていました。
この宿はちょっと変わっていて、普通テーブル周りは
女性の仲居さんが受け持つのですが、
ここでは男性の接客係が受け持っていました。
IMG_7981 (480x270)
On va manger la cuisine Kaiseki a l'hôtel d'une station thermale.

フランスでレストランのメニューが分かるようになるには
3年くらいかかります。
それでも材料名は覚えきれないので辞書が必要です。

料理は会席膳です。品数が多いですね。
日本語なのに、この年になっても料理用語は難しい。
料理を持ってくるたびに、いちいち接客係が説明してくれるので
その時は分かったつもりになって食べますが、
後になって写真の料理を説明しようとしてもできません。

もらって帰った「おしながき」がすべて漢字で書いてあるので
辞書を引き引き以下の説明をしてみます。

こういう風に自分で書いてみると覚えるのですよ。
勉強!勉強!

食前酒が山葡萄と山桃のカクテル。先付は胡桃(くるみ)豆腐。
前菜は、塩辛・蛤貝焼・諸胡瓜(もろきゅう)・川海老と胡桃
・新丸十(まるじゅう=サツマイモ)。
確かに「丸に十」は島津家の家紋だからしゃれですな。
IMG_7982 (480x270)
L'entrée

椀物は、紅葉海老 真薯 (えびしんじょ)、鉤蕨(かぎわらび)・占地(しめじ)・木の芽。
シメジはマツタケより美味しいといいますが、本当にうまかった。
IMG_7986 (480x270)
La premiere soupe au Shimeji et surimi des crevettes

御造里(おつくり)は、鯛・信州サーモン・牡丹海老。
IMG_7987 (480x270)
Sashimi

焼肴は、鮎塩焼・蓼酢(たです)・南瓜浅漬・昆布 有馬煮
IMG_7992 (480x270)
Ayu grillé

お酒は地酒の信濃鶴を注文しました。
IMG_7994 (480x270)
Sake du pays

温物(あつもの)は帆立貝とモッツァレラの桜味噌仕立て。
ひえー、チーズが入ってる。創作料理だねこれは。
IMG_7995 (480x270)
La coquille-saint-jacque mijoté aux fromage Mozzarella et Miso

揚物(あげもの)は、車海老香り揚げ・小茄子(なす)、隠元(いんげん)。
IMG_7997 (480x270)
Les beignets de la crevette Kuruma et de l'aubergine et de l'haricots

進肴(すすめざかな) は、黒毛牛フィレ肉のポワレ。
IMG_7998 (480x270)
Poêlé de filet de boeuf japonais

ここでおしぼりの交換。
こういうサービスはさすがです。
IMG_7999 (480x270)
Deuxième Oshibori à nouveau

そして、いよいよ御食事。
IMG_7990 (480x270)

松茸の釜飯。今年初めてのマツタケです。うれしい。
IMG_8003 (480x270)
Kamameshi aux Matsutake

留椀(とめわん) は信州 味噌袱紗仕立て
袱紗に二つという意味があるなんて初めて知りました。
香の物は、野沢菜・山牛蒡(ごぼう)・はんなり漬。
IMG_8006 (480x270)

そして最後に、水菓子。
抹茶の水羊羹(みずようかん)です。
IMG_8011 (480x270)
Mizu yokan au Matcha comme dessert

これは、お土産にお持ち帰りくださいといってくれたナプキンです。
こうやってブログに書いてくれれば、いい宣伝になりますよね。
IMG_8012 (480x360)
La serviette de table qu'on donne comme un souvenir de l'hôtel

これだけの料理を解説するのに、何回辞書を引き、
インターネットで調べたことか。
いやいや、勉強になりました。

日本語は難しい。

スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1648-baf64872