カナダ総選挙

.01 2015 旅と観光 comment(0) trackback(0)
私達が旅行中、カナダは総選挙の最中でした。
これは10月17日(土)にモントリオールの街角で
European Ash (西洋トネリコ)の黄色があまりに美しいので
たまたま撮影した選挙ポスター。
01IMG_9785 (960x540)
日本では選挙ポスターは選挙管理委員会所定の看板にしか貼れませんが
カナダではこんなところに貼ってありました。

10月18日(日)朝6:10のテレビ。
日本では投票は日曜日と決まっていますが、
カナダでは月曜日(明日)にやるようです。
ですから、 THE ELECTION HOME STRETCH という表現になっていますね。
02IMG_9886 (480x270)

「日本も平日にやればいいのにな。
選挙管理委員会も休日出勤手当を払わなくて済むのに」

「こちらでは、日曜日に働かないんじゃないの?お役人は。
ひょっとしたら、開票も夜はやらないで翌日とか」

とんでもない。カナダでも開票は即日でした。
10月19日(月)夜 7:58。
開票速報で自由党が圧勝しそうな勢いだと報じています。
選挙結果はどこの国でもすぐに知りたいですよね。
03IMG_0383 (480x270)

10月19日(月)夜 8:06。
赤の自由党の議席数がどんどん増えてゆきます。
カナダはイギリスと同じような小選挙区制のようですね。
04IMG_0385 (480x270)

10月19日(月)夜 10:04。
そして夜10時過ぎには定数338議席のうち257議席が確定して、
自由党が圧勝して、パネルは真っ赤に染まっています。
10年ぶりに自由党が保守党から政権を奪還したようです。
05IMG_0387 (480x270)

10月20日(火)朝5:48。
そして選挙の翌朝、こんなお兄さんが演説していましたよ。
ハンサムですね。まるで映画俳優みたいじゃないですか。
自由党のトルドー党首だそうです。
06IMG_0390 Justin Trudeau (480x270)

フランス語でしたので私でも理解できました。

「私が歴史を変えたのではない。それは私を選んだあなた方だ。」

かっこいい、かっこよすぎる。

「歯が浮くような演説だね」

「政治家でしょ、それぐらいのことは言うわよ」

この日、トロントから飛び立ったので、
帰国してからニュースをチェックしました。
留守中の新聞は配達を断っていたので、
日本の新聞でどういう風に書かれていたのかは分かりません。
ネットでの日本語ニュースは10月20日に速報で一回触れているだけで
後は最終結果の報道もありません。
日本はカナダに全く興味を持っていませんね。

Wikipedia はさすがです。
もうちゃんとした記事にまとめていました。
    2015年 2011年 差異
自由党  184   34  +150
保守党   99  166  ▲ 67
新民主   44  103  ▲ 59
ケベック  10    4   + 6
緑の党    1    1     0
定 数  338  308  + 30

党首の ジャスティン・トルドー についても
Wikipedia は充実していますね。
43歳、若い!
政治の世襲化は世界的な傾向のようで、
父親は1960~80年代に首相を務めています。
若い時から演説は非常にうまかったようで、
日本でも似たようなのがいますね。
小泉進次郎氏、34歳。

スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1674-865e2162