カナダ旅行を終えて(感想)

.03 2015 旅と観光 comment(0) trackback(0)
今回のカナダ旅行はよく走りました。
最後にナイアガラからトロントまで引き返しているので1800kmは軽く越しています。
移動日実質5日で割ると1日当たり360km走ったことになりますね。
ブルターニュ懐古旅行は移動日12日で1600kmでしたから、それ以上でした。
これはバスでないと、自分で運転なんかできませんよ。
01canada maple trip (960x540)
Itinéraire au Canada

今回の旅の同行メンバーは私達夫婦を含めて39人。
男が12人、女が27人。やはり女は強い。
内男女のカップルが9組だったので、単独の男が3人、女が18人です。
年齢構成は、ほとんどが私達より年上でした。
若い人は有給休暇をなるべく減らしたいので、
土日出発で土日帰着の旅を選ぶのです。
平日出発の旅を選ぶのはやはり余裕のあるシニア世代ですよね。

皆さん海外旅行の超ベテランで、マチュピチュやナスカは初心者コースで
当然行ったことがあるという方がほとんどでしたね。
中には50ヶ国を回ったという男性がいて、
ビクトリア滝(アフリカ)とイグアス滝(南米)をすでに見ていて
ナイアガラ滝で世界三大瀑布を制覇したことになるのだそうです。
私と同郷の島根の女性は、母親の面倒を20年見て、
それが終わったので年3回海外に出かけているとか。
この次はキューバだそうです。
シニアパワー恐るべし。

今回つくづく感じたのは、
パッケージツアーというのは実に楽ちんだということです。
計画は実に緻密に作られていて、しかもツアーコンダクターのお姉さんがいい。
02IMG_0150 (960x540)
このカエルのぬいぐるみを掲げたお姉さんは良かったですね。
あらかじめ旅行会社から詳細な旅のしおりが届いているのですが、
それとは別に毎日プリントをくれて、起床、朝食、荷物出し、出発
の時間がきっちり書いてあります(メモを取る必要がないのです!)。
カナダ旅行TDメモ
パッケージツアーに参加するのは25年ぶりです。
25年前はフランス人のツアーに入ってエジプト、トルコ、ギリシャを旅行したのですが、
フランス人のガイドさんは、ここまで面倒見は良くなかったです。
日本人のサービスはかゆい背中に手が届くほど、格別です。


食事といえば、毎回メニューを変えてあって、飽きないようにしてありました。
今回気が付いたのですが、
食事が始まる前からコーヒーカップがテーブルに用意してあるのです。
これはカナダの風習なんですかね。
03IMG_9347 (960x540)

朝食は毎朝イギリス式のバイキングで大体こんな感じでした。
フランス式にクロワッサンとジャムとコーヒーだけでよいのですが
目の前にあるとつい皿に取ってしまうのですよ。
朝から脂っこいものを食べてバスに乗っているだけですから
運動不足で太りましたね。
04IMG_0088 (960x540)

カナダの横断歩道の歩行者用の信号です。
待て!といっています。
05IMG_9424 (960x540)

あちこちで見かけたスクールバス。
お父さんが迎えに来ていました。
日本ではこういうサービスはなぜ発達しなかったのでしょうか。
子供の誘拐は減りますよね。
06IMG_9617 (960x540)

街角で美しい黄色を見せていた Honeylocust(アメリカサイカチ)。
IMG_9465 Honeylocust アメリカサイカチ (960x540)

いたるところで見かけたリス。
07IMG_0302 (960x540)

ナイアガラの公園で見かけたおそうじ車。
掃除をしているという姿勢を市民に見せているだけだと思います。
これでは掃除になっていませんよ。
09IMG_0298 (960x540)

最後にエアー・カナダの飛行機の中で行きも帰りもでてきた
カップ麺。意外と好評でした。
08IMG_9207 (960x540)
エアーカナダはカナダ人向けの椅子サイズで、
足がゆっくり伸ばせてJALより楽でしたね。

パッケージツアーの心地よさを一度味わってしまうと、
見に行くところも事前に調べて、自分でホテルやレストランを予約して
なんて面倒くさいことはもう出来そうもないですね。

クラブツーリズムの冊子が6冊ほど届きましたが
食指が動きますねー。
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1676-7ffb240d