中島清之展

.25 2015 趣味 comment(0) trackback(0)
映画は14時15分からですが桜木町に着いたのは11時。
他にも目的があったのです。
01IMG_2257 (480x480)
Yokohama

ちょっと近くを散歩してこういう風な秋の風景を見ること。
これは桜の葉と日本丸。
02IMG_2256 (960x540)

モミジバフウ(紅葉葉楓)の木とタワー。天気が悪いのは覚悟してました。
03IMG_2264 (960x540)

最大の目的は横浜美術館で、 中島清之(きよし)の日本画展覧会 を見ることでした。
04IMG_2261 (960x540)

先日青葉区役所に用事があった時、展覧会のパンフレットを見て
是非見たいと思ったのです。

中島清之(なかじまきよし)は日本画の技法をもって
現代風の絵や抽象画にもトライした横浜の画家です。
三渓園(横浜市)の鶴の襖絵を見たことのある人は
ああ、あの襖絵を描いた画家かと思いだされるでしょう。

これは彼が大好きだった、ちあきなおみの喝采。
バックのオーケストラが箔で塗りつぶされていて歌手が浮き上がって見えます。
05中島清之喝采 (538x781)
パンフレットのコピーです。

同じくパンフレットからコピーした「花に寄る猫」。
06中島清之花による猫 (856x644)

彼の日本画を見て心を打つのは、
やっぱり浮世絵の伝統から来る構図の素晴らしさですね。
絵は写真と違って好きなものを好きなところに配置できるのですよ。

日本の美術館はパリのオルセ美術館と違って写真が撮れないので
上のコピー2枚しか紹介できませんが、
とにかく構図の素晴らしい絵がたくさんありました。

展覧会の後でショップでこの本を見つけました。
07IMG_2293 (480x480)

76匹の猫が出てくる(76枚の)絵の解説がとても面白いのです。
いっぺんに読んでしまうのはもったいないので毎晩寝る前に
一匹ずつ読むことにします。

スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1697-b3665404