切腹最中

.10 2015 趣味 comment(0) trackback(0)
この最中、餡子(あんこ)がはみ出ていますね。
01IMG_3308 (960x540)

これは「切腹最中」という名前なので、最中のお腹が切ってあって、
わざと、あんこがはみ出して見えるようにしているのです。
02IMG_3306 (480x270)
「当店(新正堂)は、(浅野内匠頭の)切腹がなされた田村右京太夫屋敷跡に存する
和菓子店として、この「忠臣蔵」にまつわる数々の語り草が和菓子を通じて、
皆様の口の端に上がればという思いを込めて、最中にたっぷりの餡を込めて
切腹させてみました。
風さそふ花よりもなほ我はまた春の名残をいかにとやせん・・・・・・・・・」
(包装紙の印刷より)

今日は、国立劇場に通し狂言「東海道四谷怪談」を見にやってきました。
幕の合間の休憩時間に切腹最中をお茶屋で食べています。

松本幸四郎と市川染五郎が主演です。
03東海道四谷怪談01 (480x480)04東海道四谷怪談02 (480x480)

恥ずかしながら、歌舞伎を見るのはこれが人生で二度目で、
この「東海道四谷怪談」が「仮名手本忠臣蔵」の裏番組だったというのを
今日初めて知りました。
そこまでやるかというほど悪の権化みたいな民谷伊右衛門(お岩の夫)は
塩冶判官(切りつけた方)の家臣だったのですね。
「髪梳き」「戸板返し」などは知ってはいましたが、初めて見ると
おおっと思いますね。江戸の人もきっとびっくりしたのでしょう。

国立劇場に入るのはもちろん初めてです。
二階の通路にいい日本画がかかっていてそれだけでも楽しめます。
05IMG_3292 (480x270)

ところでこの「出演者受付」とは何を受け付けるところなのでしょうか?
ネットで調べてもわかりませんでした。
06IMG_3294 (480x270)
「松本幸四郎」「市川染五郎」「中村錦之助」などと札を立てています。
まさか出演者が入場するときにここに来るはずもないでしょうから、
花束とか贈り物とかご祝儀の受付なのでしょうか?
誰か教えてください。

土産物店で売っていたおせちのミニチュア。来年はさる年なんですね。
07IMG_3285 (480x270)

狂言自体の撮影は禁止されていましたので、緞帳だけ。
日本を代表するほとんどの花が描かれているのですが、
桜だけがないのです。
08IMG_3295 (480x270)

12時開演で終わったのが5時前。
山手線の主要な駅行きのバスがずらっと待っていました。
これは便利ですよね。
09IMG_3310 (480x270)

半蔵門はもう閉まっていました。
10IMG_3312 (480x270)
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1713-8fb7ea95