ハリギリの成木を発見

.26 2015 花(木の花) comment(0) trackback(0)
ありました。ついにハリギリの原木、もとい、成木を発見しました。
01IMG_4130 (960x540)

足元に八つ手のようなハリギリの枯葉が落ちていたので
上を見上げたら、最初の写真のように枝先に葉が一枚残っていたのです。
この葉がなかったらハリギリとはわからなかったでしょう。
02IMG_4127 (480x270)

幹は普通のどんぐりの木と見分けがつきませんが、
03IMG_4133 (480x270)

先の方の小枝にはとげが残っています。(ピンボケ写真ですが)
04IMG_4128 (480x270)

ここは王禅寺ふるさと公園の森の中、我が家から3kmほどの直線距離です。
ハリギリ成木所在地(地図をクリックすると拡大します)
天気がいいので歩数を稼ぐために散歩に来たのです。
いったん見つけてしまうとあっけないもので、
また次の成木を見つけました。
05IMG_4135 (480x270)

たかがハリギリの木一本でなぜこんなに大騒ぎをするかというと
我が家のすぐそばの自然林の中に、夏になるとこの写真のような
ハリギリの幼木がいやになるほどたくさん生えてくるのです。
2014年7月の記事を参照
20140711ハリギリ
ところが、周囲には一本も成木が見つからないのです。
先日も植物博士と呼ばれている自治会の古老と自然林の中で出会ったのですが、
成木のないのが不思議だとおっしゃっていました。


幼木は12月に下刈りされなければ、今の季節にこういう冬芽を用意します。
2014年12月の記事を参照
20141228ハリギリ

そして春になるとこういう芽を出します。
同じウコギ科のタラノキ、コシアブラ、ウドなどと同様に、
この目は山菜として天ぷらで食べることができます。
(2015年4月の食べた時の記事を参照
20150406ハリギリ

今まで周囲の山々を散歩したときには見つけられなかったのですが、
3km離れた王禅寺にあったとはねー。
感激です。積年の胸のつかえがようやく取れました。

ネットで調べたところ、7~8月頃、
黄緑色の小花が球状に集まったものが傘状につくそうです。
ハリギリの花
(Wikipediaより写真を拝借)

そして秋に藍色の丸い実をつけるとのこと。(写真はNETより勝手に拝借)
ハリギリの実

そうかこの実を小鳥が食べて、我が家の近くで糞を落としていたのですね。
古老に早速報告しなくては。


スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1725-4e5598e2