箱根駅伝の「ポカよけ」

.03 2016 ブログ comment(0) trackback(0)
箱根駅伝が終わりました。
青山学院の圧倒的な強さに感服でした。

ところで、大手町の最終ゴールのカーブで
トップの青学の選手がまたコースを間違えそうになりました。

このカーブは先導車の退避口になっていて、
退避する車を追ってランナーが間違えてしまうという事故が
過去にたびたび起きています。

なぜいまだにその対策がとられていないのか理解に苦しみます。
ゴールはこちら→→→」 、とか 
ゴールはまだ先→→→」 とかいうプラカードを、
あのあたりでぽけっと立っている案内のおじさんたちに
持たせておけばいいのにといつも思います。

人間というのはかならずミスをするものです。
なんでそんな簡単なことをミスるのかと、
体育会系の監督は怒鳴るのでしょうが
怒鳴る前に考えられないのでしょうかね。

製造業ではこういう単純なミスを防ぐために
いわゆる「ポカよけ」という仕組みを考えます。
配線ミスを防ぐために、配線端子に赤青白黄黒などと
色分けしているのもそのためです。

来年こそ、あの地点に、
カーブ曲がりミスのポカよけが実施されていることを
確認したいですね、

スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1730-0a22446e