映画 オデッセイ

.22 2016 映画 comment(0) trackback(0)
河津桜でも見に行こうかと思ったのですが、天気がいまいち。
そこで、親子で見て評判が非常に良かったという噂の映画
「オデッセイ」を見に行きました。
160122odysseyasacomedy[1]
The Martian (Film USA 2015) = Seul sur Mars

火星探査の途中、砂嵐で行方不明になり死んだと思われ
置いて行かれた一人の男が、あらゆる科学知識を総動員して
火星の上で生き延びるというアメリカンヒーロー的な映画です。
なるほどなかなかよくできています。
ストーリーは単純明快で、わかりやすい。
確かにお子様連れで家族全員で楽しめるいい映画でした。

ケチをつけるとすれば、
よその国に行って平気でたくさんの人間を殺す国が
たった一人の男を救出するために物凄い金と、
別の5人の命のリスクをかけるということでしょうか。
おまけに、あの中国までが援助を申し出るのです。
その救出劇をテレビで全世界に流す!
やはりアメリカは凄い!やることの桁が違う。
というのは貧乏人のひがみですかね。

ところで、帰って調べてみると、火星にも大気はあって、
それで砂嵐がしょっちゅうあるのですが、
大気のほとんどは二酸化炭素だそうです。
大気圧は日本語のWikipediaでは平均750パスカル、
英語とフランス語のWikipediaでは平均600パスカル。
地球の海上平均が101300パスカル(1013ヘクトパスカル)なので
いずれにせよ地球の0.6~0.7%くらいの非常に薄い大気だそうです。


スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1771-13039b8c