FC2ブログ

伊勢原日向薬師

.29 2010 彼岸花 comment(4) trackback(0)
伊勢原市の日向薬師(ひなたやくし)の前の彼岸花群生地にピクニックに行きました。
埼玉の巾着田まで行く時間はないので近場を攻めてみました。
001065.jpg
大山(おおやま)の近くです。
002077.jpg
このあたりの田んぼのそばには、彼岸花の群生がいたるところにあります。
003009.jpg

004016.jpg

005034.jpg

私たちも、久々に青空の下でお弁当をいただきました。
このおじさんも気持ちよさそうです。
006047.jpg

この花の名前はチロリアンランプ(アブチロン属アオイ科)であることが判明した。
007018.jpg

萩が満開になっていました。
008051.jpg
萩の下にも彼岸花があります。
009054.jpg
竹やぶの中にも。
010060.jpg
栗は今が採りごろ。
011081.jpg
柿畑の中にも。
ちょうど柿の世話をしていたおばさんが、富有柿を2個くれました。
まだ青かったのですが、十分美味しかったです。
012070.jpg
カラスウリも熟れています。
013073.jpg
田んぼのそばの疎水は風情があります。
014083.jpg

以下は、私の大好きな原田泰治が描く日本の田舎の風景です。
写生をしているグループがありましたが、失礼なので写真は撮りませんでした。
016087.jpg

017088.jpg

写真を撮っている方々は、後ろ姿をちょっと失礼。
今日は水曜日なので、ほとんどが熟年カップルですね。
018092.jpg
この散歩道は、地面がむき出しでもコンクリート舗装でもなく、
芝生でした。ゴルフ場のように足に優しくとても歩きやすかったので驚きました。

アゲハチョウ。
019あげは2

赤トンボ。 オニヤンマもいましたがすばやくて撮影できず。
(注)その後の調査でナツアカネと判明。
020とんぼ2

このトンボの名前は只今調査中。
(注)その後の調査でミヤマアカネの幼生と判明。もう少し時間がたつと赤くなるそうです。
021とんぼ4

庚申塚がありました。
022庚申塚1

庚申塚のそばには当然のように、白髭神社がありましたが、この神社は珍しくわらぶきです。
(注)白髭神社のご祭神は猿田彦命、行く手を示す神、道を守る神
023白髭神社
日向薬師はこの近くの参道からのぼるのですが、
家内の膝の調子が悪く、お参りしないで帰りました。

秋を満喫できたよいピクニックでした。
関連記事
スポンサーサイト



ココン
都会育ちの私は知らない日本の田舎の風景を見るのは楽しいです。そして、今度里帰りするとしたら行きたいと思うのはこういう所です。
ところで、彼岸花はフランスでは何と言いますか。見たことあるかどうか覚えてないんですけど。
2010.09.30 03:02
豊栄のぼる
ココンさん、
巾着田の圧倒される赤じゅうたんもすごいですが、この日向薬師の彼岸花は、田舎の風景によく合って風流ですごく良かったですよ。
以前の私の記事で紹介した「簡単仏訳法」で彼岸花のフランス語訳を調べました。Wikipediaの日本語版で彼岸花を検索し、そこからfrancaisのページに飛ぼうとしたらフランス語はありませんでした。英語・スペイン語・チェコ語・ノルウェー語のページはあったのですが。
学名はlycoris radiata です。これで検索すると英語のページしか出てきません。要するにフランスには園芸用として持ち込まれていないということらしいです。アメリカには日本から持ち込んだ人がいて、英語名はred spider lilyとなっているようです。あなたがフランスに持ち込んだら最初のフランス人になるかも?
2010.09.30 11:24
hananorikko
山畑を焼く匂いも伝わるような、なっつかし~風景ですなぁぁぁ~。
2010.10.01 07:55
豊栄のぼる
hananorikkoさん、
田舎ですよ。本当に田舎。この季節だけですね、人が来るのは。
2010.10.01 08:33

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/180-663e9553