FC2ブログ

きのこ狩り

.30 2010 フランスの自然 comment(4) trackback(0)
横浜駅の西口で待ち合わせをしているときに、時間に余裕があったので、
ジョイナスの商店街をぶらぶらと歩いてみた。
ご進物専用の果物屋で、松茸を見た。
matsutake.jpg
国産は今年は猛暑で不作と聞いていたが、これはカナダ産。
でも一籠3150円。隣に韓国産があったがこれは4200円。
我が家はだいぶ前に、スーパーで中国産2本500円というパックを
見つけて、炊き込みご飯にして、かろうじて秋を味わっただけである。

フランス人はクリ拾いはしないのだが、きのこ狩りは大好きである。

秋のこの季節になると、ゴルフ場で前の組がコースの中に
シャリオ(手引きカート)を置きっぱなしにして
森の中からなかなか出てこないことがある。
ボール探しに手間取っているなと待っていると、
茂みから人が出てきて、手を振り、先に行けという合図をする。
追い抜くときに見ると、ボールを探しているのではなく、
きのこを探しているのだ。
何だ、いい加減にしろと言いたいが、
スコアが悪くなると、きのこに興味が移るのは人情かもしれない。

秋の休日にレンヌの森に行くと、手に籠を抱えた人が
あちこちできのこを探している。

レンヌの森は町の北東にあり、直径が5~10kmあって、自然公園のようになっている。
この地図の E03 の上の暗緑色の部分である。
レンヌの森 007

我が家も子供達を連れて時々ピクニックに行くのだが、
その主たる目的は自転車の練習であった。
森の中には縦横に散歩用の直線道路が走っており、
この道は自動車進入禁止なので、子供たちが自転車の練習をするのにちょうどよいのだ。
車のトランクに子供用自転車を2台積んで行ったものだ。

子供たちが自転車に乗っている間に、
親のフランス人は結構真剣にきのこを探している。

フランスでは、きのこを採った後、薬局に持っていくと、
薬剤師のお姉さんが、無料で、食べられるきのこと毒きのこを区分けしてくれる。
ある日本人が籠いっぱいのきのこを持って行ったところ、
そのうちたった一本だけが食べられるといわれ、後は全部捨てるように言われたそうだ。
こういう話を先輩駐在員から聞いているので、
日本人は、はなからあきらめて、きのこ採りをしようとは思わないのだ。
フランスではきのこの見分けができないと薬剤師になれないそうだ。

girolle ou chanterelle Bordeaux Cepe morille.jpg
ジロール(またはシャントレル)  ------- セップ -------- モリーユ
(注)キノコの写真の出典は全てWikipedia

レンヌあたりではわりと簡単に採れるのが、ジロールとかシャントレルといわれる
アンズタケの種類らしいが、似たようなきのこも多いのでむずかしい。

一番値段の高いきのこがセップと呼ばれるもので、
日本の松茸のように珍重されている。
シーズンになるとテレビにセップ採りの名人が出てくる。

私が大好きなのがモリーユと呼ばれるアミガサタケ。
肉料理で「○○のモリーユ添え」などと書いてあるとすぐに注文してしまう。
ソースが傘の部分にしみてとても美味しい。

もう一度フランスに行って、モリーユが食べたいと思う。
関連記事
スポンサーサイト



Otium
先日行った朝市で森のキノコがたくさん売られていたのでシーズンなのだと思い、近所に住むキノコ狩りの達人2名(採れるとお裾わけをくれる)に聞いてみたら、今年は天候も悪いので全然とれないと聞いてがっかりしたところです。ブルターニュは雨が多いので、キノコもたくさん採れるのではないでしょうか? こちらブルゴーニュでは、雨が多くてキノコがよく育つ山岳地帯が中央部にありますが、それ以外のところでは森のキノコ狩りの獲得競争は厳しいです!

想像もしていなかったのですが、ゴルフをしていて勝ち目がないとなるとキノコ狩りに切り替えてしまうというのには笑ってしまいました。そうだろうな~と想像できますね~♪ オーベルニュで野生キノコを仕入れて売っている売店の人が、一番多くキノコを持ちこんでくるのは道路工事と地方警察官の人たちだと言っていました。その人たちは仕事中にキノコ狩りに興じてしまっているわけで!...

私はキノコ狩りに行ってキノコが見つからないと、花瓶に活けられる花探しに転向しています。食べられないものは無視されるので、お花の方はとり放題。それで、キノコがとれなかったとがっかりしている仲間と歩く帰り道、私だけbredouilleにならなかったとホクホク顔です。

薬剤師にキノコの選別をする義務があるのは良いシステムですよね。怖くてキノコに詳しい人としかキノコ狩りには行かないので利用したことはないのですが。

モリーユは日本にも生えているそうですよ。見つけても、フランスで珍重されているモリーユかどうか不安だそうですが!
2010.10.02 06:11
ココン
籠一杯の中で食べられるのはたったの一本だったというのは面白いですね。だから、駐在員の家族は採りに行かないんだというのもわかりました。
このマップ面白いですね。すべての地名が日本語に訳されていて、グーグルマップですか?
2010.10.02 06:53
豊栄のぼる
Otiumさん、日本も猛暑のせいで、松茸は不作。Wikipediaで調べて見ると、モリーユは日本にもあるようですね。でも、日本のきのこは今殆ど栽培されたものですので安心ですが、野生のものは心配ですよね。このブログを見た家内が、モリーユは乾燥させたものしか市場で見たことがないと言っていました。
2010.10.02 09:35
豊栄のぼる
ココンさん、グーグルマップですが、私も知らない間に日本語になったりならなかったりするのです。どこかを触るとそうなってしまうのでしょうが私もよくわかっていません。
2010.10.02 09:38

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/181-68594dba