かなまら祭り

.03 2016 イベント・祭り comment(0) trackback(0)
川崎大師駅前の若宮八幡宮の中にある金山神社で、
毎年4月の第一日曜日におこなわれる
「かなまら祭り」に行ってきました。

大師駅前から若宮神社の間はすでに人でいっぱいで
神社には近づけないので、御神輿の来る道筋で待ち構えていると
まず最初に現れたのが、ピンクの「エリザベス神輿」。
01IMG_7419 (800x600)
Le Kanamara Matsuri = la fête du pénis de fer
この神輿は、川崎のゲイのお姉さま方が担ぐのですが、
ことしはどういうわけか、台車で引いて歩くだけです。

次に現れたのが黒い鉄製の「かなまら舟神輿」。
これはある造船会社が寄進したものです。
02IMG_7428 (800x600)

金魔羅というだけあって、黒光りがして頼もしい。
03IMG_7490 (800x600)

回り道をして反対側からようやく若宮神社にたどり着きました。
04IMG_7446 (480x360)

金山神社は性の神様であると同時に鍛冶屋の神様でもあるので
神社の内部は床を土間として仕切り、
正面中央部に鞴(ふいご)と炉を設置して金床を埋め込み、
鍛冶屋の作業場が再現されています。
05IMG_7469 (480x360)

このお祭りは、とにかく外人の間で有名らしく、
今日もものすごい数の外人がいました。
とにかく英語が飛び交っていましたね。
どういうわけか中国語はあまり聞こえてきませんでした。

彼らに人気なのがペニスをかたどった飴です。
06IMG_7451 (480x360)

これ、子宝の飴とかいうらしいのですが、
私達が着いた時には、若宮神社では売り切れてしまい、
ほしい方は第二会場の、大師公園に行ってください
というアナウンスがありました。
07IMG_7478 (480x360)

このお姉さま方は何を喜んでいるのでしょうか。
08IMG_7456 (480x360)

神社の横で、お供えの大根を削っていました。
それにしても上手ですね。
寄進をすれば、名前を書いて奉納してくれるようです。
09IMG_7464 (480x360)

人の背丈もある木製の大きなペニスが2台場内に置いてあって、
外人のお姉さま方がそれにまたがって喜ぶ風景が
今年は見られませんでした。
どうも昨年それで不埒な行為をしたやつがいて、
それで今年は陳列を止めたようですね。残念でした。

第二会場の大師公園を目指しました。
これは途中の川崎大師の五重塔です。
10IMG_7483 (800x600)

大師公園では桜が満開で、
雨が降りそうなのに花見をしていますね。
11IMG_7498 (480x360)

川崎大師には何度も来ているのですが、
実は大師公園は初めてです。
これは公園の中にある瀋秀園という中国庭園です。
12IMG_7500 (480x360)

素晴らしい庭園です。来てよかった。
13IMG_7503 (480x360)

庭の奥の東屋から先ほどの花見の桜が見えます。
14IMG_7523 (800x450)

狛犬越しにいい桜の写真が撮れました。
15IMG_7531 (800x450)




スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1818-9da1c1ca