お遍路の国

.21 2016 旅と観光 comment(0) trackback(0)
徳島駅前のホテルから海岸沿いの道をひたすら南下して
室戸岬に着きました。
満開のトベラの中に中岡慎太郎の銅像が立っていました。
20160421213835ba6.jpg
室戸岬灯台はこの銅像の真上の丘の上にあります。

つづら折りの道を登って行くと四国八十八箇所の
24番札所の最御崎寺(ほつみさきじ)がありました。
20160421213836af9.jpg

実は徳島駅からここまでのドライブでたくさんの
お遍路さんを追い抜いてきたのです。
2016042121383815a.jpg

今調べてみると、1番札所から23番札所までは阿波の国で、
23番札所の薬王寺(徳島県美波町)から
ここ24番札所の最御崎寺(高知県室戸市)までは
すごく距離があって、77kmもあるのです。
徒歩で17時間ですよ。
20160421213839026.jpg

この鐘楼は貫禄があるなと思ったら、
NHKの除夜の鐘に何回も取り上げられていました。
2016042121384051e.jpg

くわず芋。サトイモ科だそうですが毒があって食べられないとか。
弘法大師伝説を証明するために食べられないのに植えてあるのでしょうかね。
20160421213917289.jpg

鐘石。小石で叩くと響きのいい音がしました。
20160421213919250.jpg

神社の境内では時々見かけますが、
お寺さんで相撲の土俵を見たのは初めてです。
もっとも江戸時代までは神社とお寺が共存していたのですから
当たり前かもしれません。
土佐の人は相撲が好きなのでしょう。
山内和豊が相撲大会を口実に長宗我部の郷士を集めて
大虐殺をやった故事を思い出しましたよ。
2016042121392012c.jpg

私たちは車で登ったのですが、
これはお遍路さん用の登山道路です。
20160421213922cf6.jpg

お寺の境内から少し下ったところに
室戸岬灯台がありました。
実に可愛らしい灯台です。
20160421213923a21.jpg


お寺の横にキバナアマ(黄花亜麻)がまだ花を咲かせていました。
熱海の梅園で見ていたので思い出しましたよ。
201604212142505d2.jpg

このあとモネの庭に向かいました。
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1834-f8db826e