吉野ケ里遺跡

.07 2016 旅と観光 comment(0) trackback(0)
河内藤園から吉祥寺というやはり藤の名所に行ったのですが
なぜかこちらの藤はすっかり散っておりました。
ここで福岡県から佐賀県に飛びます。

実は今回の旅は河内藤園から由布院温泉の保養所に行き、
その後、鍋ケ滝、阿蘇山、熊本城という計画だったのですが
熊本大震災のため由布院の保養所が一時営業中止となったのです。

佐賀県で最初に訪れたのが吉野ケ里遺跡です。
20160507210424c52.jpg

ここは紀元前3世紀中から3世紀中までの
弥生時代の遺跡で50haの広さがあります。
深い環濠、逆茂木、高い柵、見張り台などなどを見て
今更ながら、弥生時代が戦乱の時代、殺し合いの時代であることを
しっかりと認識しました。
201605072104250ef.jpg

甕棺の並ぶ墓地も広大です。
201605072104288ad.jpg

ここは工業団地が計画されたところで、
高台の丘陵で森に覆われた地帯です。
敵から身を守る柵に囲まれた集落を作るのに適していたのです。
20160507210426ee2.jpg

3世紀中からの古墳時代になると
統一化が進み、戦乱の時代は終わり、
高台に住む必要がなくなったので
人々は平地に降りていったようです。

久しぶりに良い勉強をしました。
201605072104228d3.jpg


スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1849-ab7fb9c6