入笠山(にゅうかさやま)

.25 2016 花(草花) comment(0) trackback(0)
富士見パノラマリゾートは冬場はスキー場ですが
夏場はマウンテンバイクのコースになっています。
このゴンドラに乗って山の上からMBKで降りるのです。
中国人と思しきグループがバイクを楽しんでいました。
IMG_0554 (800x449)

ゴンドラ山頂駅までゴンドラに乗らないと
アツモリソウの展示会は見ることができないのです。

アツモリソウを見た後、入笠山のハイキングに出ます。
入笠湿原は鹿の食害から守るために
金網で囲まれていました。
IMG_0624 (800x449)

入笠湿原です。
パンフレットを見る限り、ここが一番素晴らしいのは
6月にスズランで白一色になる時と、
9月にエゾリンドウで紫になる時が一番よさそうです。
IMG_0625 (800x449)

これが20万本のドイツスズランの斜面です。
もうじき真っ白になるようです。
なお、ゴンドラ駅の八ヶ岳側には100万本の
日本スズランの原っぱがあります。
IMG_0626 (800x449)
Convallaria majalis

フデリンドウを発見。
横浜の我が家のそばの自然林のフデリンドウは
ススキに覆われて消滅してしまいました。
IMG_0631cut4 (800x450)
Gentiana zollingeri

湿原のそばの山彦荘でカレーと焼きそばの昼食をとりました。
椅子の足カバーがテニスボールでした。
IMG_0635入笠湿原山彦荘 (800x449)

このそばの登山口から40分で入笠山の山頂まで登れるのですが
今日の目的はハイキングではないのでギブアップして
森の中を引き返して花探し。

ミヤマカタバミを見つけました。
IMG_0649ミヤマカタバミ (800x450)
Oxalis griffithii

白花延齢草です。
今まで紫色の花の延齢草しか見たことがなかったので
これには感激しました。
いつかは、カナダのトロントか北海道大学で
もっと大きい花をつける延齢草を見てみたいものです。
IMG_0675白花延齢草ミヤマエンレイソウ (800x449)
Trillium smallii

山芍薬です。可憐です。
IMG_0690山シャクヤク (800x449)
Paeonia japonica

ツバメオモト(燕万年青)です。
IMG_0705ツバメオモト (800x449)
Clintonia udensis Trautv. et Mey.

山野草公園ではアツモリソウのあるところは
金網で囲いがしてありました。
葉っぱを発見しましたが、花はまだのようでした。
IMG_0706アツモリソウ (800x449)
Cypripedium macranthos

八ヶ岳展望台からは素晴らしいパノラマが見えるのですが
ここにも恋人の聖地が!
旅に出ると必ずといっていいほど桂由美に出会います。
IMG_0691八ヶ岳展望台 (800x449)
Le groupe volcanique méridional de Yatsugatake

東側には甲斐駒ケ岳。
若いころここに登ったことがあります。
富士山は雲で見えませんでした。
IMG_0693甲斐駒ケ岳 (800x449)
Le mont Kaikoma


スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1867-b3e10eb5