ささゆりの里(豊橋市)

.13 2016 花(草花) comment(0) trackback(0)
6月7日(火)、島根に帰る途中で東名高速から降りて
ささゆりの里(愛知県豊橋市伊古部町南椎ノ木谷1-1)を訪ねました。

この優雅なたたずまい! Lilium japonicum
01IMG_1230 (800x449)
日本の単語にフランス語のように性別があれば
東日本のヤマユリは男性名詞、
西日本のササユリは女性名詞になりますね。

ここは渥美半島の海のすぐそばで、
02IMG_1228 (800x601)

ちゃんと津波の警告看板があります。
03IMG_1194 (800x449)

豊橋市の観光HPによれば、
1993年に一株のササユリを発見し、
種をとって7年かけて大切に育て
04IMG_1207 (800x449)

今のような状態にまでこぎつけたのだそうです。
たった一本のササユリしかなかった
島根県の「ふれあい公園 笹遊里」とは
努力の度合いが違いすぎますね。
05IMG_1259 (800x449)

ササユリは東日本のヤマユリと同じく、
種を蒔いて発芽するのに2年かかります。
それから花を咲かせるまでには7年かかるのです。
06IMG_1260 (800x449)

ましてや、この株のように4輪もの花を咲かせるには
さらに何年もの時を要するのです。
07IMG_1208 (800x449)

この株は5輪ありますよ。
08IMG_1242 (800x449)

色には個体差があって、真っ白なものから
濃いピンクまで、さまざまです。
IMG_1238 (800x449)

デジカメと Ipad をつなぐケーブルを横浜の家に置き忘れたので
島根から横浜に帰ってきてようやくこの記事を書くことができました。

それにしても、これだけ沢山のササユリを見たのは
子供時代以来です。
感激しきり!


スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1882-7c0a4812