秋の蝶

.05 2016 花(草花) comment(0) trackback(0)
今の時分に神代植物公園に行くと必ず出会う蝶がいる。
紫苑(シオン)キク科(Aster tataricus)にたかる
褄黒豹紋(ツマグロヒョウモン)の雄たち(♂Argyreus hyperbius)。
IMG_3979 (800x449)

パンジーなどスミレ類に卵を産み付けるらしい。これも雄。
IMG_3989雄ツマグロヒョウモン (800x450)

こちらは水生植物園の藤袴(フジバカマ)キク科(Eupatorium japonicum)にたかる
雄の褄黒豹紋(♂Argyreus hyperbius)。
IMG_4157 (800x449)

これが雌(♀)。蝶は雌のほうが派手なようだ。
IMG_4196雌ツマグロヒョウモン (800x449)

神代植物園の隣の調布野草苑で初めて出会った蝶。
長崎揚羽(ナガサキアゲハ)の雄(♂Papillo memnon Linnaues)。
IMG_4220雄ナガサキアゲハ (800x449)
黒揚羽かと思ったが、よく見ると下肢の尾状突起がない。
もともと西日本しかいなかったものが、近年地球温暖化で
関東にも見られるようになったのだとか。
ミカンなど柑橘類に卵を産む。

スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1970-819bc743