ヒダカミセバヤ

.07 2016 花(草花) comment(0) trackback(0)
神代植物園の展示室で盆栽展をやっていました。
そこで見た珍しい花。
ヒダカミセバヤ(ベンケイソウ科)絶滅危惧種という名札がついていました。
IMG_4000 (800x600)
Hylotelephium cauticolum
北海道の日高地方の海岸の岩壁に張り付いている花のようです。

同じ部屋の中に、やはりヒダカミセバヤという名札をつけた盆栽がありました。
先ほどの花と微妙に花も葉も違います。
ところが、こちらは「つるしだ科」となっています。
IMG_4003 (800x450)
いろいろ調べてみましたが、やはりツルシダ科というのはシダ類のことで、
ツルシダ

明らかにこれはシダ類ではありません。
同じ部屋の中にこういう展示があるのが面白いところです。

屋外では秋の山草展というのをやっていて、
IMG_4027秋の山草展(東京山草会) (800x449)

ここにもヒダカミセバヤが出展されていました。
最初の写真とよく似ています。
IMG_4041 (800x449)

「見せばや」とは見せたいという意味でしょうから、
風流な名前を付けたものだと感心しています。
いつか北海道に行って見てみたいものです。

スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1972-af0b1f4d