ナンバンギセルの移植成功

.20 2016 花(草花) comment(0) trackback(0)
妻が発見しました。

我が家の裏の枝垂桜の下で野芝の根元に
ナンバンギセルがひっそりと顔を出していたのです。
ナンバンギセル裏庭20161019-01 (800x449)

2011年の秋に、あざみ野駅近くのススキの根元から
種を含んだ黒く枯れたナンバンギセルを採ってきて
ここのススキの根元に埋めてみたのです。
ところが翌年も翌翌年も何も出てきませんでした。
やっぱり駄目だったかとそれっきり忘れていました。
ナンバンギセル裏庭20161019-02 (800x449)

なぜあれから5年もたって突然花が咲いたのか?

4か所に分かれて花を咲かせているので、もう大丈夫でしょう。
これからは毎年花が期待できそうです。
ナンバンギセル裏庭20161019-03 (800x449)

2012年からあざみ野駅近くのススキが原では
ナンバンギセルがなぜか消滅してしまったので、
今では神代植物園か寺家ふるさと村に行くしか
この花を見ることができないのです。

来年から身近で秋を楽しむことができます。
「願叶う 尾花が下の 思い草」 のぼる

スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1985-391e71f7