十和田湖の紅葉

.27 2016 紅葉 comment(2) trackback(0)
大湯温泉の宿を出て103号線を北上、
十和田湖を見下ろす発荷峠展望台に着きました。
01DSC_0923 (800x600)

黄金色です。
02DSC_0925 (800x600)

十和田湖展望。
03DSC_0926 (800x600)

右岸。
04DSC_0928 (800x600)

黄金色の中を下って遊覧船乗り場に向かいます。
05DSC_0942 (800x600)

船着き場に着きました。
因みに、ここは青森県です。
町の入り口の川を渡った時カーナビが
「青森県に入りました」とアナウンスしました。
06DSC_0916 (800x600)

この船に乗ります。
07DSC_0944 (800x600)

このモザイク色!
08DSC_1051 (800x600)

最初の中山半島をの先を回って
09DSC_0978 (800x600)

つぎの御倉半島に向かいます。
10DSC_0996 (800x600)

赤壁!
11DSC_1005 (800x600)

高いお金を払えば、こういうボートで秘境に案内してくれるそうです。
12DSC_1016 (800x600)

引き返す途中、別の遊覧船に出会いました。
13DSC_1039cut (800x600)

そもそも、なぜ、車で9時間、691kmもある十和田湖に来たか。
(距離的には西に行けば大阪を超えて広島県福山市と同じ距離です)
昨年カナダのメープル街道の紅葉を見に行った時、
世界三大瀑布を見たという旅慣れたおじいさんから、
「紅葉だけ見るなら十和田湖のほうがいいよ」
という話を妻が聞いたからなのです。

運転しなくてよい楽なバスツアーに参加することも検討しましたが、
よい天気と紅葉見ごろ時期に当たるかどうかは
運任せになります。
そこで妻はネットで紅葉の具合をチェックし、
天気予報を信じてこの日を選んだのです。
14DSC_1044 (800x600)

バタバタと出かけたので、肩掛けカバンに入れた
デジカメを家に置き忘れてきました。
ですからこの画像はすべてスマホで撮影したものです。
アスペクト比はすべて4:3です。
15DSC_1059 (800x600)

有名な婦人像まで散歩しました。
16DSC_1070 (800x600)

十和田神社は開運神社だそうです。
17DSC_1079 (800x600)

皆さん色んなお願いをしています。
我が家のお願いはいつも
家内安全、みんなの健康だけ。
18DSC_1080 (800x600)

黄色い実のついているヤドリギを見つけました。
残念ながらスマホでは実の写真はうまく撮れませんでした。
19DSC_1083 (800x599)

遊覧船の中も駐車場も中国語であふれていました。
(因みに、遊覧船のガイド放送は日本語と中国語でしたよ)
20DSC_1082 (800x600)

次は八幡平に向かいます。

スポンサーサイト

シッタレ
豊栄 のぼるさん こんばんは。

4~5年前の6月にこの辺りを訪れましたが、秋の紅葉が
さぞかし美しいだろうなと思っていました。
いい時期に行かれましたね。

八甲田のロープーウェイは乗らなかったですか。
奥入瀬・十和田・八甲田、秋に是非行ってみたいところです。
2016.10.30 00:01
豊栄のぼる
シッタレさん、
八甲田までは行っていません。もう一泊必要でしょうね。
2016.10.30 20:52

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1989-afbabbe0