300ヤードのドライブ!

.28 2016 ゴルフ comment(0) trackback(0)
先日ゴルフ練習場で300ヤードのドライブを
産まれて初めて目撃しました。
300ys-drive.jpg
テレビでプロの試合を見ていると
420ヤードパー4なんていうのが平気で出てきます。
そしてプロは第二打目が残り90ヤード、サンドウェッジ
などという場面にときどきお目にかかります。
「うそだろ。ということは一打目は330ヤード飛んでるってこと?」

15年ほど前オーストラリアに赴任しているとき
会社主催のプロトーナメントの大会で2回ほど
プロアマでお客さんを接待したことがあるので
プロと一緒にラウンドしたことはありますが
一緒に回ったプロがそれほど飛ばさなかったので
300ヤード越えのドライブというのを実感したことがないのです。

私が打席に入ったとき、隣の人がアイアンショットをしていました。
なんとそのアイアンの打球がネットの一番奥の下に届いたのです。
眼をみひらんばかりに驚きました。
ネットまでは210ヤードあるのですよ。
その人は次にドライバーを持ち出しました。
首を右にひねる独特のフォームですが、
バシュっという音とともに飛び出した打球は
210ヤード先のネットの最上段に突き刺さるのです。
上の写真の赤の飛行線です。
210ヤード地点で高さが20mあるのですから
地面に落ちたときは楽に300ヤードを超えていると思います。

私のドライバーなんぞは、150ヤード先のグリーンを
超えたあたりでしょぼんと落下し、コンコンと転がって
ネットにようやく届くのです。
上の写真の青の飛行線ですよ。

その方は身長は178cmくらい、お腹の全く出ていない
スリムな体系でした。
頭の毛が薄いので年のころは40代後半かと推測しました。
アマチュアにもすごい人がいるのですね。

それにしても300ヤードドライブというのを
身近で体験できたことは嬉しい出来事でした。

飛び出した瞬間は球が見えないのですよ、まったく。


スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1991-92ce45fb