将棋のプレゼンが凄い

.31 2016 趣味 comment(0) trackback(0)
少し前になるが、NHKの将棋のプレゼンが凄かった。

光でもって説明する部分を照らすなんて、衝撃的だ。
まるで西洋の宗教画のように曇った空から光がさして
イエス・キリストに当たっているようではないか。
IMG_4532 (800x451)
退職してからもう8年目。
パワーポイントに触ることもなくなったのだが、
こういう機能がパワポに付加されたのだろうか。

昔はこういう説明は、棋士が盤にいちいち駒を並べて説明していたものだ。
プレゼン方式のほうが駒を並べる時間は節約できるし、一覧性もよい。
テレビのプレゼンも年々進化していて、画面も見やすくなった。
もっともこういう作業は全部外注していると思われる。
制作会社の仕事も変わってきているのだろう。
IMG_4542 (480x270)

現在の「将棋フォーカス」の講師は佐藤天彦名人28歳。
普通、時の名人はこういう講師なんかはしない。
今年の5月31日に羽生名人から4勝1敗で名人位を獲ったのだが、
その時はすでにこの番組の収録が始まっていたのだろう。
IMG_4546 (480x269)

「将棋フォーカス」の総合司会は、
乃木坂46の伊藤かりんと中村太地6段28歳。
背も高いしイケメンだ。
IMG_4547 (480x269)
「小6で奨励会に入って、ちょぴっと勉強して早稲田実業中等部に余裕で合格、ハンカチ王子と同級生で、高校生で棋士に、主席で卒業して早稲田大学政経学部へ、3年で単位を取り終え論文書いたらスカラシップ、C2全勝して棋聖戦も挑戦者になり、長身でかっこよく、持ち駒多すぎ、ふざけるなといいたい」と同僚棋士に妬まれる中村太地。

中村太地の右隣りは室谷由紀女流2段。
長く記録係を務めていたが、最近タイトル戦の挑戦者になったらしい。
それにしても、将棋界の女流には美人が多い。
囲碁界と比べるとその差は歴然としている。

スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1994-c6d61193