FC2ブログ

フランスの番地表示

.27 2010 フランスの生活 comment(0) trackback(0)
フランスでの番地表示は通りに沿って付けられている。
何もフランスに限ったことではなくヨーロッパの町は皆そうであるらしい。
日本のようにブロックごとではないのである。
道路の片側は奇数ばかりで1,3,5と並び、反対側は2,4,6という具合である。
通りのどちら側が奇数になるのか、どちらから番号がつくのかも定かでない。

この疑問はパリのタクシーの運転手さんから教えてもらってようやく解決した。
パリの運転手さんはおしゃべり好きが多く、いろいろなことを教えてくれる。
もっとも、これができるようになったのは、
フランスに住んで3年くらいたって耳ができてからである。
 
彼によると「何だ、そんなことは簡単さ。オテルドビル(市役所)を中心にして
若い番号を付けていくのさ、市役所から遠くなると番号も多くなるということですよ」
としごく明快であった。
なるほどなるほどと私は積年の疑問が氷解したことにすっかり有頂天になり、
ついどちら側が奇数・偶数になるのか聞くのを忘れてしまった。

考えるとまだ疑問は湧いてきて、
じゃあ市役所の方向に向かっている通りはよいが、
その通りと交わっている通りはどちらを始点にして番号を付けるのか、
番地を付けた後に2つの番地の間に新しい家ができたらどうするのかである。
しかし、日本でも各ブロックの番地は右回りか左回りか知らないのであるから、
細かいことを詮索してもしょうがないのである。
タクシーの運転手さんか郵便屋さんにでもならなければ必要ないかも知れない。

その後、16番地と18番地の間に、16bisという表示を見たことがある。
16’(ダッシュ)の意味であろうか。

このフランスの番地の付け方は、田舎の町だと非常に分かりやすい。
それはオテルドビル(町役場)が町の中心に位置しているからである。
知らない町に車で入っていくと必ずCentre(中心)という標識と
オテルドビルという標識が何回も出てくるので、
これに沿ってゆくと自然に町の中心に着く仕掛けになっている。
町の中心には、広場と教会と役場がある。
こういう配置だと確かに道路の名前を覚えたほうが早い。

 2人の子供は学校の友達の誕生パーティによく招待されるが、
必ず招待状を持って帰る。
この招待状に書いてある通りの名前を地図で必死に探して、
子供を相手の家まで送り迎えすることになる。
このようにして自然に通りの名前を覚えてゆくのであるが、
新しく赴任してきた日本人に道を教えるときは苦労する。

日本人は住所をブロック単位で覚える癖があるので、
大体の場所を目につきやすい教会などの建物、公園、広場、スーパーなどを
目印に教えることになる。
だいたい、日本では道路に名前が付いていない。
大きな道路は何号線という表示があるが、街中の小さい通りにはない。
恐らく市道何号線などという名前があるのであろうが、
知っているのは市役所の水道と道路を管理している部署の人だけだろうと思える。

町の名前も日本とフランスでは呼び方が違う。
日本では、相模大野、武蔵村山、岩見江津などと
地方の名前を頭につけて似たような町の名前を区分しているが、

フランスでは川の名前を後ろにつけて区分している。
たとえば、Neuilly sur Seineセーヌ河のそばのヌーイとか、
Noyal sur Vilaineヴィレーヌ川のそばのノワイヤルというふうである。

イギリスでも、シェーークスピアの生まれた町は
Stratford upon-Avonアボン川のそばのストラットフォードという。

フランスやヨーロッパの川や通りをもとにした名前や番地表示の方法と、
日本のように地域や集落をもとにした名前や番地の付け方の違いは、
いったいどこから来たのであろうか。

番地というものが歴史的に古いものであれば、
日本は中国の制度を真似ているはずであるから、
中国や韓国も日本と同じようなブロック別の表示になっていると想像するが、
番地表示が都市化が進んだ現代になってできた制度であれば、
日本特有の文化であろう。

フランスやヨーロッパを車で旅してみればわかることだが、
行けども行けども山がない。
延々と続く田園風景の地平線に尖ったものが見えてきたなと思ったら
小さな町の教会の尖塔であり、
Dinan copy

その町を過ぎたらまた田園風景である。
同じ景色の繰り返しである。

日本は至るところに山がありその形が違うので地域の区分がしやすいのではなかろうか。

あるいは農耕民族のため土地の定住性が強く、あまりよそに旅をする習慣がなかったか?

結局、ヨーロッパではローマ人の作った街道、
中世の発達した河川や運河による水上交通の路線を
しるべにして町の位置を特定したのであろうと思われる。

面で表すか線で表すか、番地表示の東西文化の違いを論文にすれば、
大学の社会科学科の卒業論文くらいにはなると思えるのだが。
関連記事
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/2-349a583d