FC2ブログ

秒速と時速

.29 2010 フランスの自然 comment(4) trackback(0)
急に寒くなって12月の気温になったと思ったら、
今度は台風だ。
台風14号が沖縄に近付いている。
皆が心配しているのが最近の大雨で被災した奄美大島である。

沖縄の那覇市内で秒速34.8mを記録したという。
台風の周辺では秒速40m、中心では秒速60mの風が吹くとのこと。
民放テレビでレポーターが沖縄の風の中に立って、その凄さを報告している。

この秒速何mという表現で風の速さがどのくらいか、
日本の人はわかるのだろうか。
うちの家内は、こういうニュースを聞くたびに、
「フランスのように時速何kmといってくれないかしら。
秒速だとどのくらいの早さか分からないじゃない」
といつもいう。

フランスでは、テレビの天気予報(Meteo メテオ)では、
風速を時速何kmと説明していた。
時速で言われると車のスピードと比較して容易に理解できるのである。
我が家もブルターニュ滞在中の8年間で22万km走ったので、
車のスピード感覚は身についているのである。

秒速を時速に直すには、
60秒 x 60分 ÷ 1000m = 3.6 km 
を秒速に掛ければよい。
我が家では大体時速に直す癖が付いているので、
4倍して1割減らすか、ケータイを持ち出して計算する。

秒速34.8m x 3.6 は時速125kmである。

秒速40mは時速144km。
フランスで高速道路を走っているときのスピードだ。
これなら家内は理解できるというのである。

私より3カ月遅れで家族が赴任してきた時、
私はレンヌからシャルルドゴールまで車で迎えに行った。
私が高速道路を140~150kmで走ったら、
家内はわめいた。
「制限スピードはいくらなの?130km。
なんでこんなにスピードを出すの。130で走ればいいじゃない」

半年くらい経ってパリへ日本食材の買い出しに行く時、
彼女に運転させると、バンバン追い抜いてゆく。
「もっとゆっくり走ればいいじゃないか(冷やかしで)」
「何言ってるのよ。これくらいで走らないと3時間半では着かないわよ」

1秒間に40m移動すると想像するか、
時速144kmで車で走ると想像するか、
どちらが理解しやすいだろうか。
関連記事
スポンサーサイト



hananorikko
はい、もう、時速に軍配上げます超派です!
2010.10.29 10:38
豊栄のぼる
hananorikkoさん、ご賛同ありがとうございます。
2010.10.29 11:54
ココン
私もいつも不思議に思っていました。日本の人にはこの感覚、わかるのかしらと思いながら聞きただすことしませんでしたが、唯の慣れのようですね。
2010.10.30 07:05
豊栄のぼる
ココンさん、
慣れなんでしょうね。でも、日本の天気予報では台風や大嵐の時しか風速を言わないので、普段の風速がいくらかは誰も知らないのですよ。
2010.10.30 08:56

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/200-11ec896b