FC2ブログ

川の国フランス

.30 2010 フランスの自然 comment(0) trackback(0)
3月27日の記事「フランスの番地表示」のなかで、
「町の名前も日本とフランスでは呼び方が違う。
日本では、相模大野、武蔵村山、石見江津などと
地方の名前を頭につけて似たような町の名前を区分しているが、
フランスでは川の名前を後ろにつけて区分している。
たとえば、Neuilly sur Seineセーヌ河のそばのヌーイとか、
Noyal sur Vilaineヴィレーヌ川のそばのノワイヤルというふうである。
イギリスでも、シェーークスピアの生まれた町は
Stratford upon-Avonアボン川のそばのストラットフォードという。」
と書いた。

同じような街の名前を河によって区分しているのだが、
県の名前は殆どが河の名前に由来している。

フランスには海外県を除くと、96の県がある。
フランスの地方行政区画」には県名の一覧表があるが、
この県名をクリックすると各県のWikipedia に飛ぶので、
県名の由来を調べると、なんと63の県が川の名前からつけられている。
63/96は66%、3分の2である。

例をあげると、
レンヌ市のあるイレヴィレーヌ県はイル川とヴィレーヌ川に由来し、
東隣のラヴァルのあるマイエンヌ県、さらにその東のルマンのあるサルト県は
それぞれ同名の川が県内を流れている。

県の名前はいつつけられたか。
1789年のフランス革命によってである。
それまでのアンシャンレジームが解体され、県が設置された。

明治4年(1871年)に廃藩置県により
日本に新しい県ができたのと同じである。
私の田舎の島根県は隠岐の国、出雲の国、石見の国の3つが一緒になった。
県庁のある松江の周りが嶋根郡だったので島根県になったらしい。
いい加減といえばいい加減な名付けである。

フランス革命の場合、昔の領主の名残を残したくないとすると、
川の名前を付けるのが一番自然だったのであろう。
フランスには東部のアルプスや南東中央部の山地くらいしか、山らしい山がない。
川の流れはゆるやかで、古くより水運が発達していた。
これはフランスの河川の地図。
france-rivers-map.jpg
出典:about-france.com

これは運河の地図である。
大西洋側のルアーブルやボルドーから、河と運河を使えば、地中海へ抜けられるのである。
fance-navigable-waterways.jpg
出典:cruise-in-france.com

この地図には載っていないが、ブルターニュ地方にも運河はある。

西端のブレストBrest からポンティヴィPontivy 、ジョスランJosselinを通り、
ルドンRedon を経由してロワール川のナントNantesまで通じる運河がある。
もう一つは北のサンマロSaint-Maloからランス川をさかのぼって
ディナンDinan、レンヌRennesを経由して
ルドンRedonでブレスト・ナント運河に合流するものである。

(参考)ブレスト・ナント運河の写真はこちらのサイトCanal+en+Bretagne-map.jpg

私たち家族のように車でバンバン飛ばすのではなく、
ヴァカンスに船でゆったりと運河めぐりをする人もいる。
またリタイアして船を買い運河旅行をする人も少なからずいるようである。
フランスの運河は、いまだに税金により公社によって維持管理されているのである。

フランスの運河ではないが、北欧を旅行した時のスウェーデンの運河の写真を
参考に載せておく。船が通る時に橋を上げ下げする珍しい運河である。
Sweden1_convert.jpg Sweden2_convert.jpg Sweden3_convert.jpg


(参考)
フランスの運河については、もっと良い記事があったので、ご参考まで
フランスの運河をめぐって
関連記事
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/201-d33643df