日本人の見分け方(その3)

.29 2016 日本人 comment(2) trackback(0)
私のブログの記事にはカテゴリー分けをしています。
大区分「フランス」の中に
小区分で「日本人」というカテゴリーがぶら下がっています。
これはフランス駐在時代にフランス人と日本人を比較して
日本人の特徴を浮かび上がらせようとして書いたものです。

その記事の中で以前、
「一人ひとりでは日本人,韓国人、中国人、ベトナム人など
東洋人を見分けるのは難しいが、
これが4~5人ずつのグループに分かれると
国籍を見分けることができる」と書きました。

ちょうどいいサンプルが見つかったのです。
ここに日本人と韓国人と中国人の7人の男性の写真があります。。
それぞれの国籍を当ててみてください。
7人はそれぞれの国でプロの囲碁棋士で
これから世界戦を戦おうとしているのです。
ヒントは「韓国人3人、中国人2人、日本人2人」です。
01IMG_5848 (480x269)

私の妻にこの問題を出したところ、
いとも簡単に正解を出されてしまいました。
「あなたと何年一緒に暮らしていると思ってるの。
いつも囲碁番組を見させられてるのよ、すぐにわかるわよ」

正解は、この3人が韓国人です。
02IMG_5845 (480x269)

この2人が中国人。
03IMG_5846 (480x269)

そして最後の2人が日本人です。
(正確には右側の張栩さんは台湾人ですが、今回の棋戦では日本代表です)
04IMG_5862 (480x269)

勘のいい方はもう分ったでしょう。
国籍の違いは首元の違いにあったのです。
韓国の棋士はノーネクタイ。
中国の棋士はネクタイをしていますがプレーンノットで
少し横にずれて首元がだらしなくなっています。
日本の棋士はウィンザーノットで首元を締めています。

これが一人一人では見分けがつかないが
グループになると国の違いがわかるいい例です。

日本のプロの囲碁棋士は公式の対局では、
きちっとしたスーツにネクタイ、
または羽織袴の和服で試合に臨みます。

しかし、韓国と中国ではそうではないのです。
韓国や中国の棋士が自国の伝統的な礼服で
試合をしているのを私は見たことはありません。
いつもスーツなのですが首元はラフな格好です。
それが文化なのでしょう。

このテレビ囲碁アジア選手権では、
各国のテレビ早碁棋戦の上位2人が
トーナメントでアジア1位を争うのです。
(韓国が3人なのは前回優勝者はシードされるため)
05IMG_5856 (480x269)

昔は日本が優勝していましたが、
最近では韓国が非常に強く、
この棋戦でもイ・セドル九段が一昨年・昨年と連覇していました。
(Google の AlphaGo と対戦して負けて世界中の話題になった人です)
今年は中国の左側の17歳の若い人が優勝しました。

「グループになると見分けることができる」
という私の仮説を補強するサンプルです。

スポンサーサイト

たかゆき
礼節 ♪

たしかに 服装で判断可能ですね。。。

テレビ囲碁選手権を 先日拝見しましたけど
シナや朝鮮では 囲碁はスポーツなのか
負けを表明する時の 潔さが
ないと 思います、、
はっきりと 申せば ふてくされている。

まあ お国柄が 服装や態度など
身体の外にも にじみ出てくるんで
せうね 

人間の打つ囲碁なんて所詮は 
機械にも 勝てないのに、、、

ぼくは
武宮正樹さんの 負けたときの
あの 笑顔が大好き なのだ ♪ 

2016.12.05 00:16
豊栄のぼる
たかゆきさん、
コメントありがとうございます。
負けた時の潔さを称揚する文化というのは、私見ですが、封建制度のあった国でできた文化のような気がします。武士道とか騎士道ですね。中国韓国は中央直下の官僚制だったので、領主や藩主がいませんでした。
2016.12.05 11:12

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/2020-316e32b5