バケットって何?

.17 2016 フランス語 comment(2) trackback(0)
先月、島根から横浜に帰る途中、ネオパーサ岡崎で面白い発見をした。
「スペイン窯パンのトラNEOPASA岡崎店」でのこと、
01IMG_6156 (480x320)
このお店で「石窯バケット」というパンを売っていたのである。
よほど写真を撮りたいという誘惑にかられたが、
パンを買いもしないでガラスケースにカメラを近づける勇気はなかった。

そこで 「パンのトラ」のホームページにアクセスしてみた。
あったねー、石窯バケット!
02石窯バケット01 (480x264)

その部分を拡大すると、たしかに バケット と書いてある。
03石窯バケット02 (309x480)

これだ!これなんだ!

NHKのラジオで「すっぴん」という番組がある。
月曜日から金曜日の午前中、アンカーの藤井彩子アナウンサーが、
日替わりのレギュラーMCゲストと対談しながら進めてゆく番組である。
私は平日家にいる時はほとんどこれを聞きながらパソコンの前に座っている。

少し前のことだが、この番組に関西の女性が
「あの美味しかったバケットが忘れられない。もう一度食べたい」
という投稿をした。
「バケットって何?」とMCの男性が聞く。
藤井アナは一瞬つまったが
「パンの種類か何かじゃないんでしょうか」と逃げた。
おそらく藤井アナはバケットとはバゲットのことだと
知っていたのではなかろうかと私は思うのである。
彼女は北野高校卒(橋下徹と同級生)で大阪局勤務も長いから、
大阪のことには詳しいはずなのである。

番組の中であからさまに
「フランスパンのバゲットの間違いじゃないんでしょうか」
とは言えないととっさに判断したのだと思う。
どうも関西・名古屋方面でバケットと発音しているようなのである。

この棒状のパンはフランス人が常食しているパンで
フランス語では Baguette (バゲット)という。
もともとの意味は細い棒のことで、
楽団の指揮者がもつ指揮棒や太鼓のばちのことをさす。
Baguettes と複数になると日本の箸のことになる。

英語でもこのパンのことは baguette と綴っている。

日本語では外来語の濁音と清音がよく混同されている。
バッグ → バック
ティーバッグ → ティーバック
ベッド → ベット
バドミントン → バトミントン
ドッグフード → ドックフード
日本人は単語の頭の濁音は発音できるが、
単語の後半に濁音が来ると発音しにくいので清音に変わるようである。

ただ逆の例もある。人間ドック → 人間ドッグ のように。

こういうことを調べているうちに知ったことだが、
韓国料理の石焼ビビンバは朝鮮語ではピビンバと発音するらしい。
朝鮮語には語頭の濁音は存在しないのだそうだ。

逆にバケットを辞書で調べてみると
英語では Backet、 フランス語では Baquet 。
いずれもバケツや手桶のことを指している。
建設機械や農業機械にはバケットがついており、
収納ボックスをbaquetといい、
ソフトのアルゴリズムでは抽象化されたコンテナのことを
バケットと呼ぶらしい。

もうひとつ、パンのバゲットがバケットにかわったらしき原因を見つけた。
「ベーカリーレストラン バケット BAQET」 というのが実在するのである。
04BAQET02 (373x291)

サンマルク系列のパン食べ放題のレストランらしいのだが、
この店が全国展開しているので、
BAQETがパンの名前だと勘違いした人もいるかもしれないのだ。
05BAQET03 (373x299)

理屈っぽくなるが、
フラン語や英語では "Q" の文字の後には必ず "u" がくっついていて
"Qu"でワンセットのつづりになる。Queen 、Quality など。
"Q"のあとに、"a"、"e"、"i"、"o" が来るのは
アフリカ、アラブ、中国などの地名などの例外的な場合に限る。

あざみ野からたまプラに移る平崎橋の近く、
以前のタイ焼き屋の後地に新しいパン屋 Bakery CITTA を発見した。
パン屋の味を見るにはバゲットが一番と早速買ってみた。
バゲット税抜き280円(税込み302円)。
06DSC_1287cut (480x175)
残念ながら、フランスで鍛えられたわが夫婦には
皮のパリパリ感がちょっと物足りなかったね。

スポンサーサイト

たかゆき
ハイカラ ♪

バゲットだと 
ゲが 訛っている感じなのかも知れませんね
東北弁のように。。

ぼくは 東北弁がネイティブなので
後半の濁音も 鼻母音も ぜんぜん
平気なのですけど

補助言語の カタカナ表記では
このような 喜劇が おきるのかも ♪
2016.12.17 18:28
豊栄のぼる
普通の人が発音する分にはどっちでもいいのですが、さすがにパン屋さんが間違えるのはどうかと思うのです。
なまじっか、フランス語が少しわかるものですから、こういうのは気になってしょうがないのです。重箱の隅をつつくような話ですみません。
2016.12.18 17:58

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/2040-73628d1d