NHK大好き人間

.26 2016 趣味 comment(0) trackback(0)
世の中にはNHKが大嫌いで、
わざわざものすごいお金をかけて
受信料不払いの訴訟を起こしている人までいる。
そういえば、最高裁の判断はどうなったのか?

わたしは、世間一般の人とはずれているようだ。
年間受信料13,990円など、
スマホの料金に比べたら屁でもない。
私はNHK大好き人間なのである。

特に日曜日は半日テレビの前に座っている。
朝の日曜美術館、
そのあとの将棋講座、将棋のNHK杯トーナメント、
囲碁講座、囲碁のNHK杯トーナメントまで
昼飯を食べながらぶっ続けに見る。
(日曜日に出かけることもあるので、
常に録画予約をかけているのはもちろんだ)
これは独身の時からなので、
もう40年近く続いていることになる。
ブルターニュやシドニーに赴任していた時も
日本から囲碁将棋のビデオテープを送ってもらっていた。

朝ドラと日曜の大河ドラマは見る年と見ない年がある。
要は面白くないやつは見ない。

テレビでフランス語とスペイン語は予約録画している。
最近はまっていたのが「スニッファー」。
阿部寛の演技が面白くて、7回で終わってしまったのは残念だった。

最近録画しているのは アニメ「3月のライオン」
民放でやってもよさそうなこの漫画のアニメ権を
なぜNHKが手に入れたのか不思議だ。

そして来年一月から続編が始まる 「精霊の守り人」
今から心待ちにしている。

そして、受信料は払う必要はないが、
ラジオでもNHKの番組は大好きである。
月曜から金曜の平日は、
朝一番で、まずフランス語やスペイン語の
語学番組をベッドの中で聞き、
8時からは藤井彩子アナウンサーの「すっぴん」を聞いている。
そのなかでも金曜日の高橋源一郎の「現代国語」は
大好きなコーナーである。
さらに土曜の午後はラジオ大阪の
「ぼやき川柳」を楽しみにしているのだ。
ラジオは車を運転しながらでも聞けるので
ほとんど毎日聞いていることになる。

これだけ好きな番組を持っていれば
NHK大好き人間といわれてもしょうがないだろう。

民放は何故見ないのか。
コマーシャルが嫌いなのである。
いいところでCMが入るといらいらする。
そしてやたら人を集めてやるバラエティ番組
とかいうのも見る気がしない。
いま民放で常に見ているのは
「秘密のケンミンSHOW」と
「ドクターX」のふたつだけ。
そしてゴルフ中継番組、
特にゴルフの4大メジャーは必ず見ている。

もうじき年末。
紅白歌合戦の出場者はほとんど知らないが
それでもあれをかけっぱなしにしておかないと歳が越せない。

スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/2046-f76ea98d