とろけるタンシチュー

.28 2017 食と料理 comment(2) trackback(0)
熱海桜を見る途中、
いつもの海辺のジョナサンで食事をしようと歩いているとき
こんな看板が目に入りました。
「とろける」といわれると
入りたくなってしまうじゃないですか。
DSC_1452 (480x360)

中は和風の飲み屋という感じで、
天井には和紙の張った提灯ランプがぶら下がり、
カウンター6席、4人掛けテーブル2つという小さなお店です。
我々が入ったときはカウンターは満席、
もう一つのテーブルにも客がいました。
DSC_1449 (480x360)

最初がこんな器に入ったサラダ。
テーブルの上には箸しかおいてありません。
嬉しいじゃありませんか。
私はサラダなんかナイフとフォークで食べるもんじゃない
なんで箸を置いていないんだと言いたいほうですから、
私と同じ思いを持っている店の経営者に拍手!
DSC_1442 (480x360)

次のアントレ。
生魚のマリネというかカルパッチョみたいなものと
大根の上に肉のこま切れを載せたような料理です。
これもお箸でいただきます。
DSC_1443 (480x360)

パンはオーブンでもう一度温めたのでしょうか
中はあつあつの湯気が立っていました。
DSC_1445 (480x360)

いよいよメイン料理の「とろけるタンシチュー」。
給仕の人が目の前で熱々の銀紙を破いてくれました。
その瞬間にローズマリーの香りが来ましたね。
DSC_1446 (480x360)

こういう魚料理用のスプーンのような、
薄く平べったいナイフ?スプーン?と
お箸で食べました。
DSC_1447 (480x360)

そして最後のコーヒーとデザート。
4品もありますよ。
まさに、こういうのをカフェ・グルモンというのでしょうかね。
DSC_1448 (480x360)

満足、満足でしたよ。

スポンサーサイト

JACKS
こことソックリなお店が小田原の飯田岡にありました、昨年店終いしましたけど。
看板メニューが「とろけるタンシチュウーとかビーフシュチュウー」でした。
店名も同じか魯山人だったかな?まさか熱海に引っ越したのかな・・?
2017.01.29 09:17
豊栄のぼる
JACKSさん、
魯風人(ろふと)と読むらしいです。
調べてみると飯田岡店は閉めたようですが、湯河原店、真鶴店はまだやっているようです。箸で食べられるのがうれしいです。
2017.01.29 17:08

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/2064-bd4290c1