3月のライオン(映画)

.24 2017 映画 comment(0) trackback(0)
雨の降り続く火曜日、
予定していたゴルフはキャンセルして
妻と映画を見に行きました。
「3月のライオン」です。
三月のライオン
いやー、よかった、よかった。
何がよかったかというと、出てくる役者が
みんな見事なほどに原作の漫画にそっくりなのです。

主役の桐山零を演じた神木隆之介。
演技もさることながら将棋の駒の持ち方がいい。
彼は相当将棋を指していますね。
40年以上も将棋のNHK杯戦を
見続けてきた私にはわかります。

問題は三姉妹の長女川本あかりでした。
ボインで料理が上手で銀座のホステスもこなし、
いつも明るいところしか人に見せない強いお姉さんを
誰が演じるか興味津々で見に行ったのですが、
倉科カナが演じていました。
当たりです、雰囲気がぴったりでした。

それ以外の役も、よくぞこれだけぴったりな役者を
探してきたものだとびっくりするくらいです。
唯一ちょっと違うなと思ったのが、
師匠であり義父の幸田柾近を演じた豊川悦司です。
トヨエツは格好良すぎますよ。格好良すぎ!
もうちょっと普通の人でも良かったように思います。
妻の意見は「漫画のお義父さんもカッコよかったわよ」
だそうです。


実は先日、私の誕生祝の日に、
次男が第12巻を持ってきてくれたのです。
早速、長男も妻も回し読みして、
最後に私に回って来ました。
我が家は全員この漫画の大ファンなのです。
IMG_9597 (370x480) IMG_9593 (480x447)

ところで、映画のほうは、今はやりの
2回に分けて劇場公開するというやり口で
興行収入を増やそうとしています。
それはそれで癪に障るのですが、
何よりも気になるのは、
漫画のほうはまだ終わっていないのに、
映画のほうは次回4月からの後編で
結論が出てしまうのですよ。

楽しみでもあり、気懸かりでもあります。
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/2108-d0c1cb62