片桐はいりの随筆

.01 2017 読書 comment(0) trackback(0)
ゲンちゃんの現代国語で
高橋源一郎をうならせた素晴らしい文章。
彼が朗読したのは
片桐はいり「わたしのマトカ」の一節である。

黒と白のチェッカー柄の小さな箱に入った
フィンランドの飴を食べたときの話である。

>>>
「しかし、今回のは想像を絶していた。
わたしのなかのコンピューターが一時混乱し、
これまでの全データをもとに
必死で検索をしているのが分かる。
脳が、箱の柄と同じ白黒の市松模様になる。
あまりのことに、口に入れたものを吐き出すべきか、
飲み込むべきかを判断する能力さえもなくしていた。」

また別なところでは

>>>
「ブスなくせに乱暴な女と懇ろになったら
逆に深みにはまるのかもしれない。」

>>>
「おたがい英語が不自由だったおかげで、
言葉より確かなまごころを受けとってしまった。」

>>>
ジーパンに小さな足型のスタンプをひとつ押されて、
わたしの農場への入国審査は終わった。

片桐はいりって誰だ?
さっそく調べてみる。
片桐はいり
へー、「精霊の守り人」を書いた 上橋菜穂子
と中学高校で同級生だったんだ。


すぐに図書館サイトで予約をかけた。
IMG_9846 (480x269)


「わたしのマトカ」は
彼女がフィンランドで撮影された 「かもめ食堂」 に出演した時のことを
綴った随筆であった。

猛然と映画 「かもめ食堂」 が見たくなり、
雨の中をTSUTAYAまで出かけていき
DVDを借りてきた。
かもめ食堂01
こういうほのぼのとした話もいいね。

撮影現場のこの店は、今やフィンランドを訪れる
日本人観光客のメッカになっているらしい。
かもめ食堂02 (480x319)

天気が悪いときはこういう本を読んで
チンしているほうがいい。


スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/2118-8456dcab